ブログトップ

ウェブページ

夏の冷え対策


夏が近づいてくると、相談される。

「足のつま先が冷えるんだけど・・・」

暑い時期になぜ?
と言いたくなるところなのですが、

実は、夏場に足が冷える人は多いのです。
 

エアコンが効いてくるとか、

冷たいものを摂るようになるとか、

原因はいろいろあるんでしょうけどね。
 

さて、原因はさておき、

ここでは対策を。



夏休みになると、交通渋滞が増えますよね。

そこに例えて考えてみましょう。


足のつま先というのは、
ある意味、"目的地"なわけです。

その手前の高速道路の渋滞をなんとかせんことには、
目的地にはたどりつけません。
 

渋滞が流れていって
クルマが動かないと、いけない。



そういう意味では、
基本、歩いたりとか動かすことで
下半身の筋肉を使わんとあきません。



あとは渋滞の原因となりやすい場所として、
料金所がありますね。

ここを"ETC化"せんと渋滞は解消しません。
 

止まらずに、流れるように、ね。


冷えるのは、ふくらはぎから足首にかけての
滞りやすいところで詰まっているから。

ここをなんとかせんとあかん。


だから、レッグウォーマーでもって
ここんところを温めて血流を促進する。


こういうことが大事なのです。



ついでに言うと、

「ふくらはぎに圧を掛けるハイソックスは効果ある?」

なんて尋ねられることもあるのですが、


答えは、No!!



高速道路の一車線規制みたいなもんです。

細く見えてるけど、
よく見たら、流れてないし。

さらに、その後方の渋滞は、
えげつないことになります。


わざわざ渋滞シーズンに、
車線規制しますか??

事故とか、よほどの理由がない限り、
しませんわな。



同じことです。


血流が悪くて冷えてるのに、
締めつけて、さらに血流を止めて
どないすんねん?!


そういうことです。



せっかく、夜明けが早い季節なんですから、
朝に散歩する。

室内では、
レッグウォーマーや、膝掛けを利用して、
"保温"する。



そういう小さな、当たり前のことの積み重ね。

それが何より大事なのです。



問題の本質から目をそらしていては、
後々もっと大変なことになる。


それは、何事においても同じなのかも知れませんね。




| トラックバック(0)