ブログトップ

ウェブページ

キュウリのぬか漬



夏野菜の定番、キュウリ。

漢字で書く「胡瓜」は、
「胡」がインドの方からシルクロードを渡ってきたものを、
「瓜」はウリ科作物を指すのだそうです。

旬の新鮮なキュウリって、
塩をかけただけで美味いですね。



季節外れにハウス栽培されたものに比べると、
旬のキュウリではビタミンCが3倍も多いということがわかっています。


夏の作物だけに、
強烈な日射しの下で育つ方が生命力に溢れるようです。


旬の野菜は出回っているので
手に入りやすく価格も下がるうえに、
美味しくて栄養価も高いのですから、
旬を逃す手はありません。



キュウリはそのまま生で食べても美味しいですが、
さらに良いのはぬか漬けにすること。


ぬか床に使うのは、米糠。
実はビタミンB群の宝庫とも呼ばれるほど。

ぬかの水溶性ビタミンBが漬けこまれた野菜にも浸透します。


もともとビタミンCが含まれるキュウリに
B群が揃うことで栄養価が高まり
疲労回復効果が期待できます。


また、ぬか漬けでは、
夏場は発汗で失われた塩分を適度に補えることにもなります。


さらに、発酵によって乳酸菌や酵素が合成されていて、
腸内環境を整えるのにも一役買います。


ぬか漬けにしていただくことで一石三鳥となるのです。


ぬかは「糠」、
「米」から健「康」をいただくことを意味します。


できれば、ぬか漬けはご自宅で。




| トラックバック(0)