ブログトップ

ウェブページ

冬至に向けて


12月も中旬、
今年も残すところ2週間余りとなりました。

今週末には冬至。

一年の中で最も日照時間の短いときになります。
 

さて、今年の鍼療日の予約状況、
ご予約をお受けできる枠は下記のとおりです。
(12月17日、朝の段階のもの)

17日(月)△(午後あと2人)
18日(火)△(午前あと1人)
19日(水)△(午前あと1人)
20日(木)△(午前あと1人)
21日(金)○(午前午後5人)
22日(土)○(午前午後6人)

25日(火)△(午後あと4人)
26日(水)△(午前あと1人)
28日(金)△(午後あと3人)
29日(土)△(午後あと1人)


とくに最終日はすでにほぼ満員御礼。

急患にはできるだけ対応しておりますが、
それでも限界があることをご留意くださいね。


ここで、ひとつ「冬至」について。

冬至を過ぎると、
少しずつ昼間が長く、
夜が短くなってくるのは
ご存じのことと思います。

なので、当時から大晦日にかけて、
ほんのわずかずつではあるのですが、
明るくなっていくということ。


つまり、
冬至を過ぎれば、
来年の干支の影響を受け始めるというように
理解することができます。


なので、
今年中に片づけたいと思うことがあれば、
できれば冬至までにやり終えておく方が
良いということになります。

今年一年の振り返り、
来年以降に向けての計画など、
できれば、今週中に取り組んでおきましょう。
 

今年の残された期間、
そして来年に向けて、
皆さまが健やかでありますように。



| トラックバック(0)