ブログトップ

ウェブページ

鍼療室からの伝言



「『病は気から』って、逆だよね」。

そう言われると驚かれるでしょうか。


体と心はつながっています。

心の持ち方ひとつで、体調は変わります。

だからもちろん、『病は気から』は真実です。

一方で、体調によっても、心の持ち方も変わってくるはず。


さらには「めぐりが良くなる」のは、体調だけに留まりません。

本当にめぐりがよくなっていけば、
家族との関係、
周囲との人間関係、
はたまた仕事など、
さまざまな身の回りのことが滞りなくめぐっていくようになっていきます。

体から心、心から体。
どちらが先ということはありません。


そんな、診療の日々から想うことを
『鍼療室からの伝言』と題して、
『らくなちゅらる通信』(プレマ株式会社さんが会員さん向けに発行)に連載執筆させていただくようになって、
5年目になります。

このたび、2016年4月号から2019年4月号までの3年間の連載に加筆修正したものを、
Amazon Kindleで出版させていただきました。

鍼療室からの伝言: 心が軽くなる37のことば
https://amzn.to/2WurvHr

「よくこれだけ毎月書けるよね」

「どれだけの人が毎月楽しみにしてくださってるか」

そう言って、励ましていただいたことも、
何度となくありました。


「これまでに目に触れてない人のためにも、早いこと本にすべき」

そう言って、後押ししていただいたこともありました。

おかげさまで、ようやく販売開始されました。

https://amzn.to/2WurvHr


いま、ここまでこれを読んでくださっている人の、
誰が欠けても、この本には成らなかった。

だから、この文章を最後まで読んでくださっていることに、
お礼申し上げます。


ありがとうございます。