ブログトップ

ウェブページ

野菜の恵みの最近のブログ記事


夏が近づくと、
水分の摂り方が話題になります。

スポーツドリンクについては、
糖分が多すぎることを理由に
できれば控えるほうがいいでしょう。

代わりに、梅酢を水割りにしたものがおすすめてです。



梅酢とは、梅干を漬ける工程のなかで、
梅を塩漬けにした時に上がってくる水分のこと。

クエン酸が多く含まれていて
疲労回復が期待できることに加え、
発汗で失われた塩分・ミネラルの補給もできます。



ついでに、梅干も、
できれば自宅で漬けることをすすめています。

まさに、いまが漬けごろ。
青梅が黄色くなってきたものが出回りつつありますね。




青梅を優しく手洗いしてから丁寧に水分を拭き取り、
漬け樽にきれいに並べるように梅と塩を交互に重ねていきます。

このときの塩は、青梅の重さに対して18~20%。

減塩にしたがる傾向にありますが、
16%以下になるとカビが発生してしまうことがあるので、
このくらいは必要でしょう。



漬けこんだら、青梅と同じ重さの重石をし、
1週間から10日ほどすると水分が上がってきます。
これが梅酢(白梅酢)です。

その後に上から、
赤紫蘇の葉を塩もみした「もみしそ」を乗せて
梅雨明けまで冷暗所で保存しておきます。

梅雨が明ければ
天気の良い日に「土用干し」を3日間ほどすると、
梅干の完成です。

そこからさらに10日間ほど経つと
塩気が馴染んで食べ頃となります。


この後に残った梅酢(赤梅酢)には殺菌効果もあるので、
冬場にうがいに使えば風邪の予防にもなります。


このように自宅で漬ければ、
梅干だけでなく梅酢もできますし、
添加物などの心配をすることもありません。



江戸時代の本草学書『飲膳摘要《いんぜんてきよう》』には
梅干の七徳」と記されていれているものがあります。

一、 毒消しに功あり。うどん屋は必ず梅干を添えて出す。

二、 防腐に功あり。夏は飯櫃《めしびつ》に梅干一個を入れておけば腐らず。

三、 病気を避けるに功あり。旅館では必ず朝食に梅干を添えるを常とす。

四、 その味かえず。

五、 息づかいに功あり。走る際、梅干し口に含めば息切れせず。

六、 頭痛を医するに功あり。婦人頭痛するごとにこめかみに貼るを常とす。

七、 梅干しよりなる梅酢は流行病に功あり。



いかがでしょうか。

現代にも通じる効能ばかりですね。


私の体験としては、
十数年前に富士登山した際、
八合目あたりで高山病を疑うようなひどい頭痛で横になられていた人を見かけ、
梅干を差し上げました。

その後に追いついて来られて
「先ほどは...」とお礼の言葉をいただいたことがあります。

なまじっか下手な頭痛薬よりも著効があるのです。


この体験があるので、
現在では治療のなかで、
不登校のお子さんや、体がだるい、無気力、うつ症状の患者さんなどにも、
伝統製法の減塩ではない梅干をすすめているのです。


それでもどうしても塩分が気になるというのであれば、
半粒ずついただくなど、
一度の量を加減してみるとよいでしょう。



| トラックバック(0)

気候が暖かくなるにつれ、
春キャベツを見かけるようになりましたね。

春キャベツは、ふっくらと柔らかく巻いていて、
冬のキャベツに比べて甘みが強いのが特徴です。


近年になって、キャベツが健康面で
注目を浴びるようになったのは
「ビタミンU」の存在から。

ビタミンUの「U」とは
ulcer(潰瘍)のこと。

胃潰瘍の特効薬として知られます。


実は、キャベツは、
古代ギリシアや、ローマの時代から栽培されていたようです。

医聖・ヒポクラテスが「腹痛と赤痢の特効薬」としていたと
記録が残っているのだとか。


栄養学では、
ビタミンUはアミノ酸の一種であるメチルメチオニンのこと。

タンパク質の合成を促し、
胃・十二指腸潰瘍で傷ついた粘膜を修復する効果があるとされています。


先人たちは、経験的に知っていたのでしょうかね。


日本にキャベツが入ってきたのは、
江戸時代にオランダから。

入ってきた当時は観賞用だったようです。
その後、観賞用に品種改良されたものが
葉牡丹として広まっていったのですね。


キャベツは、外用のお手当てにとても重宝します。

キャベツには熱を鎮める作用があるので、
痛風や関節痛などの炎症性の痛みのときは、
キャベツの葉を患部に当てておくことで痛みが軽減されるのです。

また風邪の発熱などの際には、
頭部に敷いておくことをおすすめしています。

氷まくらや冷却シートなどが知られていますが、
あれでは実際には皮膚表面の熱しか取れません。

なので、あまり効果は期待できません。


一方で、キャベツにはもう少し内側から熱を引き出す作用があるようです。

今年の冬にも、何人もの人が、
キャベツだけで熱を乗り越えられました。


治療に来られる必要もないし、
もちろん、病院に行ったり、クスリを飲む必要もない。


風邪の初期の熱には、キャベツ。

これからのために、覚えておくといいでしょう。




| トラックバック(0)

春らしくなってきましたね。

春というのは、
それまでは見えないところにかくれていたエネルギーが、
芽を出して、活動を始める季節。

体調面でいうと体内に溜まった老廃物を、
メンタル面ではストレスやマイナス感情などを、
上手に出していくことが肝心ですね。


少し前に大流行した「ごぼう茶」、
ずっと飲み続けているという人が多いようです。

それだけ効果を感じているということなのでしょう。


ごぼうは食物繊維が豊富なことで知られます。

ごぼう茶では水溶性の食物繊維が便の排泄を促し、
腸内環境を整えて便秘の改善が期待できるようです。

また、ごぼうに含まれるサポニンは
油を分解し排泄する働きがあるので、
ダイエット効果はもちろん、
コレステロールの低下、
動脈硬化の予防になるとも言われています。


また、ごぼうには不溶性食物繊維も豊富なので、
できればそれも一緒にいただきたいもの。

不溶性の繊維は、
水分を吸収して膨らむので、
腸を刺激し蠕動運動を高め、
便秘の解消につながるので、
お肌を整え、肌荒れや吹き出物を防いでくれます。


また水分を吸収して排出するので
当然、浮腫みの解消にも役立ってくれますね。

ごぼうは、ポリフェノールが含まれていることも知られていて、
抗酸化作用が強くアンチエイジングの食材としても知られます。

このポリフェノールは、実は皮の近くに多いので、
皮を剥いてしまったり、
アク抜きのために長時間水にさらしたりすると、
流れ出てしまうのです。


食養料理での「きんぴらごぼう」は、
皮も剥かずアク抜きもしません。

「一物全体」といって、
自然界に存在する姿のままでイノチを丸ごといただきます。

きんぴらは食養料理としては欠かせない料理で、
とくに冷えの解消には毎食少しずついただくようにします。

野菜はもともと捨てるところがありません。

食べられるはずの部分を捨てることは、
食べ物を粗末にするのと同じこと。

食べ物を粗末にするようでは
体調も悪くなって当たり前とも言われてきました。


ごぼうのように地中にまっすぐに伸びる植物は
下向きのエネルギーが働いていると考えます。

それをいただくことで体では下半身に働く。

足の冷えを防ぎ
下半身を安定させると考えられているのです。

また、ごぼうの根の部分は
真冬の寒さでも弱ることなく、
零下20度の気温にも耐えることができるそうです。


この耐寒性が人体の冷えを除くとも考えられています。

このように、ごぼうは便秘に浮腫み、
冷えを解消する食材。

まだ根菜類の出回っているうちにしっかりといただいて自身を安定させ、
この先で上手に出していけるようにしたいものですね。



| トラックバック(0)