ブログトップ

ウェブページ

野菜の恵みの最近のブログ記事


「親の意見と茄子の花は千に一つも無駄はない」。


茄子は花が咲くと必ず実をつけることで知られています。

子を想う親の忠告にも何一つとして無駄なものはないという
たとえ話からきたことわざです。


また初夢に
「一富士、二鷹、三茄子」
とも言われるように
縁起物としても知られています。

これは江戸時代、徳川家康の好物がナスビであり、
将軍に献上できる価値があるものを
有難いと考えられていたことに起因するのだとか。


関西地方では、
大阪・泉州では水分をたっぷりと含んだ水茄子が知られ、
京都では肉厚な賀茂茄子が知られているように、
わずかな気候や土地の差によっても個性のある野菜、
それがナスビ。

ナスビは、奈良時代にはすでに栽培されていて、
もとは「夏の実」であることから
ナツミからナスビへと変わっていったようです。

夏の作物であるナスビは、
体を冷やす働きが大変強い。

暑さの和らぐこれからの季節では焼きナスをおろし生姜で食べたり、
塩や味噌を加えるようにしていくといいでしょう。


「秋茄子は嫁に食わすな」
のことわざ。

気温の下がってくる秋になっても体を冷やすナスを食べさせていては
流産したり子を産めない体になっては大変だという姑の思いやりからきたものです。


古典の薬学書『本草綱目』には
「ナスは性が寒冷で多食すれば必ず腹痛、下痢し、婦人は子宮を傷める」
と記されています。


さて、このナスビの冷やす作用は外用のお手当てにも使えます。
軽いやけどや、捻挫・打ち身などでは、
冷やしたナスビを縦に割り、
直接患部にあてて湿布代わりにすることで炎症による熱を下げ、
患部の腫れを抑えることができます。

また、ナスビのヘタを黒焼きにして粉にしたものは
「デンシ―」と呼ばれ、
歯磨き粉として使うことで歯槽膿漏に著効があります。


まさに捨てるところのない食材です。


ナスビの紫色の果皮の色素であるナスニンは、
コレステロール値を下げ、
動脈硬化を防ぐ効果があることがわかっています。

日光に当たることで紫色が強くなるので、
旬の真夏に穫れたナスビほど濃い紫色になります。


江戸時代の本草学者であり発明家として知られるのは、
平賀源内。

うなぎを夏の土用の丑の日に食べるようにすすめたことで知られていますが、
ナスビにも逸話が残されています。

日照りが少なく紫色のつかない白いナスビばかりが穫れた年に、
売り物にならない白ナスを集めて
味噌漬けにしたものを販売して一儲けしたらしい。

どうやら根っからの商売人のようです。


考えてみれば目のつけどころだけで、
本来はなにひとつとして無駄なものはないのかも知れませんね。



| トラックバック(0)

今年は例年よりも早くに、
お花見のシーズンが終わってしまいましたね。


和菓子や和食の世界では
桜の花を塩漬けにしたものを
桜餅やお菓子に混ぜてみたり、
料理の彩りとしてお皿にトッピングしたりと、
季節感を楽しむことも日本人の知恵といえるでしょう。


料理とは「理(り)」を「料(はか)る」
と書くように、

道理にかなう方法のことです。


特定の季節にしか収穫できないものを保存するために、
「塩」の力で腐敗を防ぐ。

顕微鏡などなく微生物の存在さえ知らなかった時代、
経験によって積み上げられてきた知恵には驚かされます。


日本伝統の塩漬けといえば、
漬物。


特にぬか漬けは、
米ぬかからビタミンB群が野菜に移るため
栄養価が高く、
発酵を支えている微生物が腸内環境も整えてくれます。

ところが、近年の減塩志向の流れの中で、
塩分を減らす代わりに
保存料や食品添加物まみれの調味液に浸けた
「漬け物」ならぬ「浸け物」が増えています。

これでは塩分の摂り過ぎ以上に
添加物の影響が危惧されます。

これらの添加物について心配なのは、
これまでに体内に蓄積してきた経験が乏しく、
また複数の化学物質が使われていることが
体にどう作用するか、
未知数なことです。


塩分の過剰摂取で心配なのは
体内の塩化ナトリウムの摂り過ぎですが、
「塩化ナトリウム」と「塩」は、
イコールではありません。


本来、「塩」は海水を汲み上げて作られるため
カリウム等のミネラル分を含んでおり、
このカリウムが塩化ナトリウムの排出を助けるのです。

また、塩分が増えると喉が渇き、
体は自然と水分を摂ってバランスを取ろうとします。


ミネラル分を含む自然塩を使うように心がけ、
体の声に耳を傾けていれば、
実は、塩分の摂り過ぎはさほど心配しなくて良いのです。


もっとも、汗をかいて塩分を排出する機会が少なくなったといった
生活の変化には気を付けなければいけませんが。


春は「発散」、

出す季節。


この季節、筍の天ぷらを食べて
顔に吹出物が出た経験のある人もいるかも知れません。


これは「勝手に出る」というより
「体が毒素を出す」反応で、
自然の力を借りたデトックスと考えればよいでしょう。

ただし、出す勢いが強すぎることはあるので、
揚げ物より煮物などの料理法でいただくのもいいでしょう。


菜の花、わらび、ぜんまい、ふきなど
春が旬の山菜をはじめ、
これからの季節の緑黄色野菜も、
きちんと料理していただくことで、
体内の毒素を排出する働きが期待できます。


漬物や味噌などの発酵食品と併せていただいて、
腸の中から整えていくようにするといいですね。


| トラックバック(0)

食の問題や健康法に限ったことではありませんが、
他の誰かにとって良かったことが
自分にとっても良いとは限らないものです。


1990年代のことですが、
「赤ワインパラドックス(または、フレンチパラドックス)」
というものがありました。


ワインが成人病(生活習慣病)の予防になるという認識が拡がり、
一時期、ワインの消費が一気に増えました。

フランス人はチーズやバターなどの乳製品、
味の濃いものを日常的に食べる習慣にあるのにもかかわらず、
他国の人々と比較して、
悪玉コレステロール値が低く、
心疾患・脳卒中にかかる人口が少なかったことに由来しています。


この頃、日本では、
血液をサラサラにして動脈硬化・高血圧を予防するといわれ、
玉ねぎを赤ワインに浸けることが流行りました。

もともとはアルコールに弱かった人がワインを口にしたり、
食生活の欧米化がさらに進み、
生活習慣病が増加することとなりました。 


最近になって、疾患を引き起こすのは
マーガリンなどに含まれるトランス脂肪酸であることがわかり、
ワインが心疾患を予防する説は消えていきました。


さて、血液サラサラの味方、玉ねぎ。

実は、皮の部分に多く含まれる
ポリフェノールの一種である
ケルセチンの抗酸化作用によるもののようです。

便秘や浮腫みを解消てくれて、
デトックス作用が働き、悪玉コレステロールを下げたり、
アトピーやアレルギーにも効果のあることがわかってきました。

ケルセチンの抗酸化作用は熱に強いので、
玉ねぎの皮を煮出した汁をいただくことで効果が期待できます。

玉ねぎの皮をヒタヒタの水で浸し、
10分ほど煮出せばいいのです。

苦みやクセが気になるようであれば、
その煮出し汁を味噌汁に使うなどしてもいいでしょう。


食養生では「一物全体」といって、
できるだけ自然界に存在するかたちのまま、
皮も捨てずに全体として活用したものをいただく教えがあります。


捨てられていた部分を活用するという意味では、
玉ねぎの皮の煮出し汁を
お茶としていただくことが広まってきたのは喜ぶことですね。


陰陽の考えからいえば、
玉ねぎは春と秋に旬を迎え、
地面に沿って成長することから"中庸"と考えられます。


生のままで辛味をいただいたり、
加熱して甘味を味わうなど、
どんな料理にも活かせるのも納得です。


調理の際には、
繊維を壊さないように包丁を優しく入れながら、
頭と根(上と下)、内側と外側が、
どの一切れにも入るように回し切りしていくことで、
陰陽の調和を一切れごとにも反映させるのがポイントです。


イギリスでは
「一日一個の玉ねぎは医者を遠ざける」
とのことわざがあり、

欧米の家庭では台所や寝室などに玉ねぎをぶら下げて
「疫病除けのお守り」とされています。

玉ねぎの香気には殺菌作用があることは、
フランスの医学者パスツールによって確かめられました。


また、鎮静作用もあり、
玉ねぎを枕元に置いておくとよく眠れることも広く知られています。


自分にとって合うか合わないか、
迷信と片付けずにやってみること、
合わないと思えば止めること。

鵜呑みにせずに体験して
考えてみることもいいかも知れませんね。



| トラックバック(0)