ブログトップ

ウェブページ

野菜の恵みの最近のブログ記事


ポテトチップスに代表されるジャガイモ加工品、
春に販売休止が拡がっていましたが、秋になり落ち着いてきたようです。


この最大の理由は、北海道産のジャガイモが不作であったこと。

2016年は台風が北海道に観測史上初の3つも上陸し、
さらに昨夏の長雨・日照不足が原因だったようです。


2017年も台風の上陸はありましたが、
昨年ほどの影響はなかったようです。


国産がなければ輸入品をと考えそうなところですが、
実は生のジャガイモに関しては、自給率99%。

これは、土つきのものへの植物防疫法により
輸入が禁止されているためです。

また冷凍品や加工品であっても
遺伝子組み換えの表示義務があるため、
敬遠されたようですね。


ジャガイモは、実はイモ科ではなくナス科の作物。
真夏を除いた春から秋の時期に収穫できます。

これらのことから、陰陽論でいえば、
ジャガイモは身体を冷やす陰性作物と考えられます。


土の中で育つと言っても
根菜類のように身体を温める働きはありません。

栄養学的に考えてもカリウムが多く、
細胞を緩め血圧降下作用がありますので、
やはり陰性ですね。


西洋の料理でも肉や魚といった動物性のもののつけ合わせに適しているのもこのためです。


またジャガイモの特徴としてはビタミンB群や、
熱に弱いビタミンCが摂りやすいことがあります。

これはジャガイモのでんぷんが熱により糊化し、
ビタミンCを包み込むためで、
このことによりビタミンCのもつ解毒作用、細胞組織の再生促進作用が期待できることから
美容食・抗潰瘍食としても知られるようになりました。


漢方ではジャガイモは古くから
「健脾益気(胃腸を強くして、気力体力を増す)」
の効能があるとされてきました。


ジャガイモのこうした冷やす作用は、
実は使ってもよし。
炎症などの熱を鎮める働きがあります。


ジャガイモをおろした搾り汁に小麦粉を混ぜて湿布として使えます。

初期の打ち身や腫れ、関節炎や、やけどにも効果があります。


ジャガイモはたいていの家庭で常備されているので
使い勝手のいいお手当て材料になります。


当院では、患者さんから「捻挫した」と連絡があったようなときは、
まずジャガイモを擦り下ろしたものを数時間当てておいてもらってから来院してもらうようにしています。
初期の腫れのひいたところから治療できますので、
治癒までにかかる時間が速くなります。


アイルランドでは、リウマチや坐骨神経痛よけのおまじないとして、
ジャガイモをポケットに入れて持ち歩く習慣があったそうです。
関節炎・炎症から遠ざけるという意味では似ていますね。


民間療法はどこも同じなのでしょうか。


洋の東西を問わず、経験からくるお手当て、
知っておくことが大切ですね。


| トラックバック(0)

食欲の秋、読書の秋、
いろいろと言いますが、今も昔も変わらないようです。

「とかく女の好むもの、芝居、浄瑠璃、芋蛸南瓜」

井原西鶴が江戸時代に著した浮世草子の一節にあります。


「冬至南瓜、中風のまじない」
ともまた、古くから言われています。

冬至の日に、南瓜をいただくことで免疫力が上がり、
風邪をひきにくくなるだけでなく、
中風(現代でいう脳血管障害)などの病気も、
予防できると言われてきました。


さて、カボチャといえば、
秋に収穫のシーズンを迎えるのですが、
冬にかけてが食べ頃になります。

天地返し(上下を逆さま)にしておけば
長期間の保存ができます。

冬至という一年中で最も昼間の時間の短くなっていく日までは、
南瓜の実が締まって水分が抜けていき甘みが増すと考えられてきました。


実際に年末を過ぎてからの南瓜では
「同じ水分量で炊いてもべチャッと柔らかくなり過ぎるのよ」
と患者さんから教えられたことがあります。

さすがに主婦を長年やっておられると
こういうことを経験的に知っているようです。


冬場は緑黄色野菜の収穫しにくいシーズン。

冷蔵保存などの技術のなかった時代においては、
南瓜は長期間の保存のできて、
栄養価が高い野菜として重宝されてきたのです。

水分が抜け、甘みが増し栄養分も濃縮されるとなると
尚更なのでしょう。


現代の栄養学的には、
南瓜はベータカロチンが豊富で活性酸素を除去し、
病気の予防や老化の防止に役立つ食材です。

また、南瓜は甘みの割にカロリーが低く、
糖尿病の方におすすめです。

食養料理としては、
昆布と小豆、南瓜を炊き合わせた
「小豆かぼちゃ」が糖尿病に効果があるとして知られています。



農産技術の進歩によって
季節を問わずいろんなものが食べられるようになりました。

一見すると私たちの食生活は豊かになったように思えます。

その一方で不自然な環境で育った作物では
農薬や化学肥料を多用しているものもあるなど、
私たちの健康を損ない生命力を低下させてしまう原因にもなりえるのです。


「世界は分けてもわからない」と言われます。

顕微鏡をのぞいてみても
生命の本質は見えてこないということがはっきりとしてきました。

分析や知識偏重に行き詰まりの出てきたなかで、
季節感を楽しむということに本質を見出せないでしょうか。


季節ごとの旬の作物をいただくことで、
自然のリズムと身体とを調和させていき、
健康に暮らしていきたいものですね。



| トラックバック(0)

秋が深まってくると、
小学校や幼稚園などの課外授業では
芋掘りをしますね。

サツマイモは掘る楽しみがあり収穫しやすく、
また焼き芋など、比較的簡単に調理しやすいので
重宝されるみたいです。


サツマイモを食べるとオナラが出やすいからと、
女性からは避けられてしまう傾向にあるのですが、
便秘解消には効果のある、女性の味方です。

お肉を食べた後のような臭いを伴うガスと違って、
サツマイモのオナラは腸内環境の状態がよいことを表しているのだとか。


サツマイモには食物繊維が豊富ですし、
輪切りにしたときに出てくる白い乳液状の成分・ヤラピンには、
胃の粘膜を保護し、腸の蠕動運動を促進して
便をやわらかくする緩下作用があるのです。


ちなみに食物繊維は腸内細菌のエサとなるものなので、
以前にもお伝えしたぬか漬けをはじめ、
伝統製法でつくられた味噌・醤油・納豆などの発酵食品から、
乳酸菌を合わせて摂るようにしていくと腸内環境が整っていきます。


また、サツマイモは栄養成分としては
カルシウムがイモ類のなかでは断トツに多いうえ、
ビタミンCも豊富です。

さらにサツマイモデンプンの作用によって
加熱調理してもビタミンCが壊れにくいのも特徴。

これらのカルシウムやビタミンCはとくに皮の部分に多く、
また皮には紫色の色素成分であるアントシアニンやポリフェノールといった
アンチエイジングのための成分も含まれるので、
焼き芋のときなどはできれば皮ごと食べるといいでしょう。


60℃以上でゆっくり長時間加熱することで
デンプンを糖化する酵素が働いて甘みが増します。

石焼き芋はこの特徴を最大限活かしているといえますし、
ほかにスイートポテトや大学イモのようにお菓子に加工されやすいのにも理由があるようです。


食養生的な陰陽論から言えば、
陰性とは拡散性・遠心性の作用があること。

サツマイモは根菜類で体を温めると思われがちなのですが、
地中から地表へと上向きの力が働くことや、
オナラは腸内でガスを膨らませた結果であることなどから考えても、
陰性で体を冷やす作用があることを知っておくといいでしょう。

ひとつのことがきっかけにつながりが見つかることを芋づる式といいますが、
サツマイモひとつからでも芋づる式に知ることがありそうですね。


| トラックバック(0)