ブログトップ

ウェブページ

野菜の恵みの最近のブログ記事


夏も本番、
ビールの美味しい季節になりました。

外食の機会が増えるという人もいらっしゃるでしょう。


「陰陽の調和」といいますが、
どんなときでも
バランスを整えることを心がけておくことは大切。


陽性なものといえば
動物性のお肉のように
火にかけると硬くなるもの。

そんな陽性が過ぎると、
硬めたり、滞らせる働きがあるので、

これらを摂り過ぎると、
血栓や結石ができやすくなったり、
血管が硬くなって動脈硬化や
高血圧などになりやすくなったりすることは知られています。


こういったものをいただくときには、
香りが強くアクがあり
酵素を含む陰性なものを
薬味としてつけあわせることで
バランスをとって中和しやすくなるのです。


香りが強く
強壮作用の強い野菜の代表格は、
「五葷(ごくん)」と呼ばれる五つ。

ニラ・ニンニク・ラッキョウ・アサツキ・ネギのこと。



「葷酒山門に入るを許さず」と
酒とともにこれらの五つの野菜は
禅寺の山門内に持ち込むことを禁じられてたそうです。


なかでも、ニラは「陽起草」といわれて、
ときには一日に3センチも伸びるほど、
生長力と生命力が強いのです。

いわゆる「精」の強いものですね。


ニラは、漢方では「活血化瘀(かっけつかお)」といって、

瘀血を浄化して、
汚れた血液をサラサラにきれいにし、
血液循環をよくする働きがあるとされてきました。


現代の栄養学では、
ニラの独特の香味成分アリシンに
血栓を予防改善する効果があることがわかっています。


ギョーザ、ニラレバ炒めなど、
お肉との相性が良いわけです。


ニラは、歴史的に見ると、

『古事記』には「加美良(カミラ)」、

『万葉集』には「久々美良(ククミラ)」

の名で記載があり、
古くから栽培されていたようです。


古来、ラッキョウのことをオオミラ、
ニラをコミラと呼んでいて、
ラッキョウとは関係が深いようです。


ニラの葉は生薬では
「韮白(きゅうはく)」といって
強精、強壮作用に、

ニラの種子は「韮子(きゅうし)」といって
腎の衰えからくる腰痛、頻尿、泌尿器系疾患などに用いられます。


食材としてニラを食べることで、
疲労回復、虚弱体質の改善、
貧血、生理不順、生理痛などに効能があるとされてきたのです。


また、ニラには、
ほかにも特筆すべきものとして整腸作用があります。

古くから胃腸に効く野菜として親しまれ、
きざんで味噌汁に入れることで下痢気味の改善がみられたり、

下痢の症状が重いときには
ニラの煮汁を飲んでも著効があるのです。


日頃から常食しておけば、
腸内有用菌の繁殖を助けて腸内環境を整えるので、
代謝機能、免疫機能を高めて風邪の予防にもなるでしょう。


夏バテ予防に「精をつける」と言いますが、
「精」とは「米」に「青」と書きます。

穀物菜食が食事の基本にあってのことですね。


| トラックバック(0)


天ぷらといえば、和食の定番の一つ。

外出先でランチというときでも、
ハズレのないおかずですね。


えび・いか・白身などの魚介類と、
野菜では、いも・れんこん・たけのこなどに加え、
大葉が欠かせません。


大葉とはシソの葉のことで、
いまがまさに旬。


シソには食中毒の解毒にも用いられるほど、
防腐・制菌作用があります。


おにぎりに梅干を入れておけば
傷みにくいことは知られています。

梅干の赤さは赤シソの色なので、
ここにも昔ながらの知恵を見ることができます。


また、シソには精神を落ち着かせる働きもあるので、
五月病などからくる体のだるさにももってこいなのです。



漢字では「紫蘇」と書くように、
まさに蘇る薬草として知られていたようです。


漢方では「紫蘇葉(しそよう)」
または「蘇葉(そよう)」の名で、
理気(気の流れを整える)のために用いられます。

自律神経失調症で処方される「半夏厚朴湯」や、
うつや胃弱の「香蘇散」に配合されていることからも
その作用が理解できます。


日々の食事の中でも味噌汁に入れたり、
薬味として少量ずついただくことなどを続けておけば
風邪の予防や、アレルギー疾患の消炎作用も期待できます。


天ぷらで食べるときは、
油の消化を助けるために
大根おろしを忘れずに一緒にいただくようにしましょう。


シソには、α-リノレン酸や
赤ジソの色素であるシソニンなども含まれているので
抗酸化作用も期待できます。


治療のなかでは養生の基本として
「食・息・動・想」の話をしますが、
その「息」である呼吸法も、
ただやればいいというものではありません。


私たちは酸素がないと生きていくことはできませんが、
一方でその酸素が活性酸素となって
細胞や遺伝子を傷つけるなどのマイナス作用をもたらすことも
知っておく必要があります。

成長期の子どもの体では
活性酸素をブロックするといわれていましたが、
最近のアレルギー疾患の増加を見るとそうとはいえないようです。

ましてや加齢とともに
活性酸素の影響を受けやすくなってくる
という自覚も必要でしょう。


このように常食したいシソ、
実はベランダ菜園でも比較的簡単に育てやすいのです。

虫に強く病気も起こりにくいので、
菜園の初心者向きとも言われます。

よく育つのでシソの葉を購入せずとも
食生活に取り入れやすくなります。


実は私もプランターで育てていた時期があります。

まったく初めてというような人の場合では、
苗から育てるといいでしょう。

種は春まき品種なので、
5月頃には植えておきたいところですが、
苗ならば6月以降でもまだ間に合うかも。


少し手間をかけて自分の食生活を守る。

これからの生き方のヒントかも知れませんね。


| トラックバック(0)

夏が近づくと、
水分の摂り方が話題になります。

スポーツドリンクについては、
糖分が多すぎることを理由に
できれば控えるほうがいいでしょう。

代わりに、梅酢を水割りにしたものがおすすめてです。



梅酢とは、梅干を漬ける工程のなかで、
梅を塩漬けにした時に上がってくる水分のこと。

クエン酸が多く含まれていて
疲労回復が期待できることに加え、
発汗で失われた塩分・ミネラルの補給もできます。



ついでに、梅干も、
できれば自宅で漬けることをすすめています。

まさに、いまが漬けごろ。
青梅が黄色くなってきたものが出回りつつありますね。




青梅を優しく手洗いしてから丁寧に水分を拭き取り、
漬け樽にきれいに並べるように梅と塩を交互に重ねていきます。

このときの塩は、青梅の重さに対して18~20%。

減塩にしたがる傾向にありますが、
16%以下になるとカビが発生してしまうことがあるので、
このくらいは必要でしょう。



漬けこんだら、青梅と同じ重さの重石をし、
1週間から10日ほどすると水分が上がってきます。
これが梅酢(白梅酢)です。

その後に上から、
赤紫蘇の葉を塩もみした「もみしそ」を乗せて
梅雨明けまで冷暗所で保存しておきます。

梅雨が明ければ
天気の良い日に「土用干し」を3日間ほどすると、
梅干の完成です。

そこからさらに10日間ほど経つと
塩気が馴染んで食べ頃となります。


この後に残った梅酢(赤梅酢)には殺菌効果もあるので、
冬場にうがいに使えば風邪の予防にもなります。


このように自宅で漬ければ、
梅干だけでなく梅酢もできますし、
添加物などの心配をすることもありません。



江戸時代の本草学書『飲膳摘要《いんぜんてきよう》』には
梅干の七徳」と記されていれているものがあります。

一、 毒消しに功あり。うどん屋は必ず梅干を添えて出す。

二、 防腐に功あり。夏は飯櫃《めしびつ》に梅干一個を入れておけば腐らず。

三、 病気を避けるに功あり。旅館では必ず朝食に梅干を添えるを常とす。

四、 その味かえず。

五、 息づかいに功あり。走る際、梅干し口に含めば息切れせず。

六、 頭痛を医するに功あり。婦人頭痛するごとにこめかみに貼るを常とす。

七、 梅干しよりなる梅酢は流行病に功あり。



いかがでしょうか。

現代にも通じる効能ばかりですね。


私の体験としては、
十数年前に富士登山した際、
八合目あたりで高山病を疑うようなひどい頭痛で横になられていた人を見かけ、
梅干を差し上げました。

その後に追いついて来られて
「先ほどは...」とお礼の言葉をいただいたことがあります。

なまじっか下手な頭痛薬よりも著効があるのです。


この体験があるので、
現在では治療のなかで、
不登校のお子さんや、体がだるい、無気力、うつ症状の患者さんなどにも、
伝統製法の減塩ではない梅干をすすめているのです。


それでもどうしても塩分が気になるというのであれば、
半粒ずついただくなど、
一度の量を加減してみるとよいでしょう。



| トラックバック(0)