小満


陽の気が増してきて、天地に満ちてくる頃。

日を追うごとに気温が上がり、
新緑は万緑へと移り変わってきます。


麦などの秋に撒いた穀物に穂がつく頃で、
実りにホッと一安心し、小さな満足を覚える季節なのです。

小さな当たり前のことに対しての感動の気持ちや、感謝の心が、
体の気、エネルギーの流れを良くしてくれるのです。


一気に暑いくらいの気候になり、
体がついていけずにフラフラとしやすくなりがちですが、
季節の巡りと感じることができれば、
有難いと思えるものですね。


 

| トラックバック(0)