ブログトップ

月別 アーカイブ

ウェブページ

東洋医学の最近のブログ記事


週末からの雨の続く、週明け。


カレンダーは、7月に入りました。

今年も半分が過ぎたことになります。


では、今週から来週のご予約空き状況です。
(月曜朝時点)

1日 (月)△(午後あと2人)
2日 (火)○(午前午後3人)
3日 (水)×(予約受付終了)
4日 (木)○(午前午後2人)
5日 (金)×(予約受付終了)
6日 (土)△(午後あと2人)

8日 (月)○(午前午後3人)
9日 (火)×(予約受付終了)
10日(水)×(予約受付終了)
11日(木)×(予約受付終了)
12日(金)△(午後あと4人)
13日(土)△(午後あと2人)



さて、6月末は、「夏越(なごし)の祝い」。

別の言い方では「夏越の祓(なごしのはらえ)」とも言って、
神社では、6月下旬になると
大きな茅の輪を見かける「茅の輪くぐり(ちのわくぐり)」を見かけるようになります。

一年の終わりの「大晦日」と並んで、
一年のうちの前半の6か月間を無事に過ごせたことに感謝し、
後半も元気に過ごせるよう祈ります。

食中毒をはじめとした病気が発生しやすい6月から7月にかけての時期に、
みそぎをして身体を清潔に保ち、
一年の残りも無事に健やかにこの先も過ごせますようにとの願いが込められています。


そして、7月に入ると、
7月7日の「七夕」へと向かいます。


東洋の思想では、
奇数は縁起の良い数字と考えられていて、
奇数が連なる7月7日の夕べに「七夕の節句」が行われるようになりました。

また、笹を用いて行事をすることから、
別名「笹の節句」と呼ばれています。

短冊に願い事を書いて、
笹に吊るすようになりました。


また、8月のお盆前の清めの風習にも関係していて、
かつては、お盆前に身を清めたり、
井戸をさらって梅雨どきにたまった不浄を清めるなどの習わしがあったようです。


いずれにしても、
今年の前半を無事に過ごせたことに感謝し、
一旦は、心も体も清らかにして、
残りの6か月も、元気に過ごしたいものですね。



今週も、皆さまが健やかにお過ごしくださいますように。


| トラックバック(0)

3月に入り、
春らしい朝を迎えています。


今週は、週の前半には雨が降り、
後半は例年よりやや寒そうな予報です。


節気では、「啓蟄(けいちつ)」に入ります。


いよいよ、春本番ですね。


では、今週から来週のご予約空き状況です。
(月曜朝時点)

4日 (月)×(予約受付終了)
5日 (火)○(午前午後3人)
6日 (水)×(予約受付終了)
7日 (木)△(午前あと1人)
8日 (金)△(午後あと3人)
9日 (土)○(午前午後2人)

11日(月)○(午前午後5人)
12日(火)△(午前あと1人)
13日(水)×(予約受付終了)
14日(木)×(予約受付終了)
15日(金)△(午後あと1人)
16日(土)△(午後あと2人)



節気では、「啓蟄」。


「啓」は、開くという意味。
「蟄」は、虫がじっと眠っている様子を表わします。

なので「啓蟄」とは、
冬ごもりをしていた昆虫や動物たちが、
巣穴を開いて、外にから出てきて、
活動し始める時季ということです。



外の自然環境において、
虫が動き始める季節。

これは、内なる自然である体内環境においても、
虫が騒ぎ始める季節と考えられます。

腹の虫、

癇の虫、

など、感情の昂ぶりも「虫」で表現されます。

ちょっとしたことでイライラしたり、
不安になって落ち込んだり、
精神的に落ち着かないことがあったり、

そういう感情が動きやすい季節でもあるのです。


そういった感情を無理に抑え込もうとせず、
むしろそれは自然と連動していることと考え、
ちょっと落ち着くことができればいいでしょう。


心と身体のバランスを、
ちょっと意識しながら、
いつもより少し、動いてみたいですね。



今週も、皆さまが健やかにお過ごしくださいますように。



| トラックバック(0)

7月も終わり、8月に入ります。


猛烈な暑さに加え、
夕立のような雨に降られることもなく、
植物も元気がなくなっているように見えます。


では、今週から来週のご予約空き状況です。
(月曜朝時点)

31日(月)△(午後あと1人)
8/1日(火)○(午前午後2人)
2日 (水)×(予約受付終了)
3日 (木)×(予約受付終了)
4日 (金)△(午後あと3人)
5日 (土)△(午後あと2人)

7日 (月)○(午前午後4人)
8日 (火)○(午前午後3人)
9日 (水)×(予約受付終了)
10日(木)△(午前あと1人)
11日(金・祝)休鍼日
12日(土)○(午前午後4人)

13日(日)~15日(火)お盆休み
16日(水)特別鍼療

17日(木)から、通常通り鍼療


夏の土用といえば、うなぎ。

連日、うなぎのことがメディアでも話題です。


うなぎを夏の土用に食べるというのは、
江戸時代のマーケティング戦略から始まったもので、
いわば、バレンタインデーのチョコレートのようなもの。

実際には、うなぎの旬は、秋から冬にかけて。

夏の海水温度が上がったことで、
うなぎのエサになるプランクトンが増えて、
それを食べて、身に脂が乗って食べ頃を迎えます。



「土用」といえば夏の土用が代名詞のようになっていますが、
春夏秋冬のそれぞれの季節の間にあります。


季節を乗り越えるのがつらく、
または次の季節に向けての準備として、
疲れの出やすい時季、
それが「土用」と考えられています。



ほどほどに体を休めて、
滋養を取ると良いことから、
「うなぎ」が良いのではとする説が上がったようです。


ですので、日頃は食べ過ぎを感じているなら、
この時季は、むしろ少食にすることで、
胃腸を休める時季でもあります。

食べ過ぎの上に、食べ過ぎを重ねることで、
夏バテを引き起こす場合もあるのです。


自分でしっかりと考えるようにしましょう。



こういうもの、こうであるべき、と考えるより、
自分の身体の声を聴くのが良さそうですね。



今週も、皆さまが健やかにお過ごしくださいますように。




| トラックバック(0)