ブログトップ

ウェブページ

白露と、重陽


9月も2週目というのに、
まだ昼間は真夏並みの気温の日が続きます。


運動会(体育祭)の練習で疲れの出てくるお子さんも見受けられますね。


さて、今週のご予約の空き状況です。
(月曜朝時点)

9日 (月)-都合により休診
10日(火)○(午前午後4人)
11日(水)△(午前あと1人)
13日(金)○(午前午後4人)
14日(土)○(午前午後4人)


節気では、「白露」に入ります。

草葉に白い露が結ぶという時候。

夜の間に大気が冷え込んで、
草花につく朝露が白く濁って見えるという意味です。


空が高くなってきて、本格的に秋の到来を感じられる頃ですね。

日中はまだ暑さが残りますが、
朝夕には涼しさを感じ始めました。


9月9日は、重陽。

陰陽の思想では奇数は陽の数と考えられています。

この陽の数の極である9が重なる日であることから
「重陽」と呼ばれるのです。

奇数の重なる月日は陽の気が強いため、
いろいろな事象が表れやすく、
不吉な日とする考えもあるようです。


先週は、中高生のケガでの来院が続きました。

とくに、3年生。

早い子では、
夏休み前に部活動を引退。

そして、ここにきて体育祭の練習中に転倒、など...。


成長期にある子どもたちですら、
ほんの2か月足らず、運動から遠ざかっただけで、
思考に体の動きがついていかないようです。

そりゃ、オジサンがいきなり走れば、
肉離れしたり、アキレス腱を切ったりするのも無理ないよね、
と、変なところで納得してしまいました(笑)


今週も、皆さまが健やかにお過ごしくださいますように。


| トラックバック(0)