2013年10月アーカイブ

霜降
( 10/23 ~ 11/6 )

秋が一段と深まり、朝には初霜が降り始める頃。
暦の上では、秋の土用の期間でもあり、冬支度の季節です。

季節の氣としては、収縮・収斂。
外へと出て活動する時期を終えて、内向きへと働く力が作用します。
このため、季節の作物としては、
下へと向かう「根」の力が強くなってきて根菜類が旬を迎えます。

私たちの身体も季節の影響を受けて足元をしっかりとさせたいところなのですが、
今年は涼しく過ごしやすい季節が短くて一気に寒くなってきたので、
下の力が抜けやすい人が増えています。

数週間前あたりから「ギックリ腰」が増えているのもこのためです。

同様に、台風が去ったあとの空気の乾燥も進んだので、
喘息などの肺疾患や、アトピーなど皮膚のトラブルも多いですね。

「スポーツの秋」の季節のうちに、適度に身体を動かし、
氣を巡らせてから冬支度に入りたいものですね。


 

| トラックバック(0)
 
10/24(木)ココロとカラダ研究会


大阪・十三のカフェ・スローさんでお話する機会をいただきました。


オリンピックの東京開催が決まってすぐということもあって、おもてなしと健康について話させていただきます。
...
健康に関する情報が多く、何を信じたらいいかわからないという人が 増えています。これまでに健康セミナーにも参加してみたけど、 どこも似たようなものだという声も耳にします。

今回は、ちょっと違います。

医療の現場で東洋医学を実践する鍼灸師が、徹底的に東洋の視点から語る時間にしたいと思います。

疲れきったカラダとココロ、クスリ漬けの生活を送っているようでは、「おもてなし」どころではありません。


日本人らしいスタイルで、皆が元気でいること。
それ以上の「おもてなし」はありません。


お時間の許す方、ぜひ一緒に「おもてなし」し合いましょう!!


ありがとうございます。

http://polaritytherapy.jimdo.com/2013/09/29/%E5%A4%A7%E9%98%AA-10-24-%E6%9C%A8-%E3%82%B3%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%81%A8%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%80%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A-%E4%BA%A4%E6%B5%81%E4%BC%9A-%E8%AC%9B%E5%B8%AB-%E8%A5%BF%E4%B8%8B%E5%9C%AD%E4%B8%80%E6%B0%8F/
| トラックバック(0)

寒露
(10/8 ~ 10/22)


草花に冷たい露がつくように、秋が深まる時季。

昼間は暑いくらいの陽気が続きますが、朝夕は冷たい風を感じるようになりました。


水分に寒冷の気が入り込んでくるのは、私たちの体でも同じです。

これが原因となって体を冷やし、風邪に始まってインフルエンザや喘息、皮膚の痒みなどの症状をもたらすことが増えてくる季節です。


スポーツの秋。
適度に体を動かして、汗で水分を発散することが大事ですね。

芸術の秋。
季節の変わり目には、ゆっくりと休んで心をリラックスさせることも必要です。

読書の秋
体調が整えば、知的好奇心もくすぐられるのが人というもの。

食欲の秋
野生動物たちが冬眠に備えてエネルギーを蓄えておこうとするように、私たちも食欲が高まる季節。
ただし、本当に体にとって必要なものを選んでいくこととも大切です。
ポイントは、季節の旬のものをいただくこと。
「秋茄子は嫁に食わすな」と言われるように、水分を多く含むものを摂り続けることは不調のもととなるのです。


夏が過ぎて、秋が来て、
秋が過ぎれば、冬になる。

季節の巡りにも感謝ですね。


 

| トラックバック(0)