2016年3月アーカイブ



3月3日は、ひな祭り。

ひな飾りをされているご家庭もあることでしょう。


ひな飾りには、ひし餅。

ひし餅の3つの色である緑・白・朱には、
私たちの生命にとって大切な意味が込められているのです。



緑は植物、
健康な生命を養ってくれる大自然の色。


白は清らかな色で、
人間の体を支える骨の色であり、
子どもの生命を育てる母乳の色。

長寿や子孫繁栄の意味もあります。


朱は血液の色、生命活動そのものの色。

また、春の新緑のおかげでおめでたい紅白の縁起物があると見ることもできます。



そしてもうひとつ、ハマグリのお吸い物が欠かせません。

二枚貝のハマグリの貝殻は、元の組み合わせ以外ではぴったりとは噛み合わないことから、
「将来、よい伴侶に巡り会えるよう」にとの願いが掛けられているのだとか。
 


このように、日本の行事ごとには食文化が密接に関わって育まれてきているのですね。

自然の恵みとしての「食」の時間。
家族や地域で一緒に共有しながら、絆を深めてきたのです。


先人の智恵、大切に受け継いでいきたいものですね。


| トラックバック(0)