ブログトップ

ウェブページ

夏風邪と伝次郎


あっつー

朝もまだ8時前やというのに、
地面からの照り返しがまぶしい。


ふぅーーー


「なんや?」


うわっ、ビックリした~

喋る犬、伝次郎。


毎度のことながら突然現れはりますな。


「どないしたんや?」


え?


「朝から溜め息ついてるさかい」


あぁ、あのね、こないだから多いんですよ。
夏風邪を訴えてる人が。

季節外れもええとこやなぁ、と思いまして。


「季節外れ? なんでや??」


いや、風邪って、冬のもんですやん。
冷たい風に当たって邪が入るから、風邪いうのに。


「自分、なかなかよう知ってんな」

これくらい、誰でも知ってるでしょ。


「ほんで、なんで季節外れなんや??」

エアコンですかね。


「エア、コ、こん、ディ、ひっ、ふぃっくショんなー」


無理からやな・・・。


で、クシャミなんかして、風邪ひきはりましたんか?

「さっきまで、そこで風に当たってたんや」


どこで?

「そこに、老健施設できてるやん。」

老犬だけに?


「ローケン、言うな!」

自分が言いましたやん。


「そこのエアコンの室外機の風な、気持ちええねん」

それって、もろ、風邪ですやん。


「たいしたことない。すぐに治るわい」


そうですか?

「当たり前やないか。ちょっと走って汗かいたらええ」


そうですよね~。
動いて、汗かいたほうが、早いこと治りますよね~。

「なにを、当たり前なこと言うてんねん」


いやぁ、夏風邪は長いからなー、とか、
言う人、結構いてはりますねん。


「なんでか、わかるか?」


なんで長いことかかるか、ですか?

そりゃ、しんどいー、言うて、
エアコンの効いた寒い部屋で寝てるからですかね。


「相変わらず冴えてんな、自分」

そう考えると、納得いきますやん。


「そや、根本は、単純な足し算と引き算みたいなもんや。
 小学生でもわかる。」


ですよね~。

「ほな、なんでや? なんで、治らん?」


思い込み、ですかね・・・。


「思い込み??」


うん、病人やから、安静にしとかんと、みたいな。


「ますます冴えてるやないか。
 その通りとちがうか」


そうですよね。
ちょっとくらい動いて、汗かいたほうがええんですよね。


「そや! ほな、ワシもそうするわ~」



そう言って、走り去っていった。


心なしか、走っていく後ろ姿が、軽快な気がする。


接地時間が短いような・・・。




いや、気のせいだな。


きっと地面が暑くて、足裏が熱いからだろう。


| トラックバック(0)