ブログトップ

ウェブページ

スポーツ鍼灸の最近のブログ記事


スポーツ選手と関わっていると、
ドーピングに関しての質問を受けることもあります。

鍼灸治療とは直接的には関係ないことではあるのですが、
鍼療室でお伝えしていることなので、
ここでも何回かに分けてお伝えしておきますね。


ドーピングについては、
とくに、ジュニア世代の親御さんからは、

・なにをしたら違反になるのか

・違反したらどうなるのか

といった、質問をされるのですが、
それ以前に大事なこととして、

「自分の身は、自分で守れ」と伝えています。



とても残念なことではあるのですが、
年始の報道でショッキングなことがありました。

2017年のカヌー競技、日本スプリント選手権で、
日本代表候補の選手が、
ライバルの飲み物に禁止薬物であるステロイドを混入させ、
ドーピング検査で陽性反応が出るように工作したというのです。
 

スポーツ庁長官の鈴木大地氏は

「事実だとすれば大変遺憾なこと。
日本のスポーツ史上、聞いたことがない例で、がっかりしている」

とのコメントを発表されていましたね。
 

スポーツ選手としては、
自分の身は自分で守る、という意識をもつことがなによりも大切。
 

試合会場に行けば、周囲にいるのはライバル。
自分を守れるのは自分しかいないということを認識しておく必要があります。
 

自分の身を守る術のひとつに、
口にする飲み物のことが挙げられます。

・どんなものであっても混入してしまう可能性は否定できないということ。

・カヌー競技で実際に起こってしまったこと。

・自分の身を守るためには、未開封のものを確認し、
 自分で開封する習慣をつけていくこと。

以上の3点は、忘れてはならないポイントになるでしょう。



元陸上選手でオリンピックにも3度出場した
為末大さんは、

「ペットボトルの飲み物は1回自分の手から離れると飲みませんでした。
常に新しいものを開けて、1度飲んだものは大半が残っていても口にしなかった」

と言われていました。


世界陸上なんかで、インタビューの際に
"カチッ"という、ペットボトルの開封音をマイクが拾っていることがありますね。

あれは、未開封のボトルを自分が開封したというサインです。

 

さて、ドーピング検査で陽性反応が出てしまうと、処分は免れません。

意義を申し立てても、
2つある検体の両方に陽性と出てしまえば、
反論の余地なしとみなされてしまいます。


今回のカヌー競技の例では、
混入させた側の選手が、良心の呵責に耐えかねて告白し、
すべてが明るみになりましたが、
沈黙を貫いていたらと考えるとゾッとします。
 

ちなみに、今回の混入させた選手は、
8年間の資格停止処分を受けることとなりました。
 

停止期間中は、
試合に出られないというだけではありません。

所属するチームとともに活動ができないので、
練習場を使用することもできないし、
プレイはしないコーチ的な立場でチームに関わることもできません。
 

今回のケースでは、
被害者となった選手が、一時的にとはいえ、
そのような状況に身を置かざるを得ませんでした。


ドーピングの基礎知識として、なによりも大切なこと。
 

それは、自分の身は自分で守るということです。
 

日頃から、未開封のペットボトルを開けるときの手の感覚を大事にし、

実際には、もしも違和感を覚えれば、
口をつけないという習慣を身につけておくことです。




| トラックバック(0)

マラソンシーズンが本格的に始まりましたね。


10月の大阪マラソンを終え、
11月にはいよいよ神戸マラソンです。


大会直前にトレーニングで追い込んだり、
急に冷え込んできたことなども重なって、
ここのところランニング障害を訴えて来院される患者さんも増えています。


この後さらに、
12月には加古川マラソン

年が明けると
2月に姫路城マラソン、
と、まだまだ大きな大会が続きます。


ランニング障害として多いのは、

ランナー膝と呼ばれる膝関節の周囲が痛むものをはじめ、
アキレス腱炎、足底筋膜炎、

足首の痛み、捻挫、
足の甲の痛み、

また、脛の痛みでは、
続くとシンスプリント、疲労骨折にまで及ぶこともあります。


これらのランナー障害にいえるのは、
ケガによる痛みもさることながら、

練習不足による不安、
試合が近づいてきて気持ちが焦ることがあるでしょう。


私自身が、フルマラソンを走ったこともあるし、
現在でも種目は違えどマスターズ陸上に挑戦するランナーでもあるので、
よくわかります。


この不安は、経験したことのある者にしかわからないかも。



自分自身がこうした故障を克服してきましたし、

これまでに何十人ものランナーの治療をしてきたからこそ、
言えることがあります。



それは、ランナー障害には一定のパターンがあるということ。



痛みを取り除くだけでなく、
その原因となる、動きのクセを修正する必要があります。


アイシングなどの対症療法では根本的な解決にはならないし、
なにより冷やしすぎて余計に悪くしてしまいかねません。



ストレッチについても同じこと。

なぜそこの部位を傷めてしまったのかの原因を知らずして
延々とストレッチを続けたところで一向に良くならないばかりか、
なおさら痛くしてしまってることもあるのです。



だからこそ、痛みを抱えたままでトレーニングを続けるよりは、
きちんと的確なアドバイスのできる治療家にアドバイスをもらうのが先決です。


当院では、確実に痛みをなくしていく治療だけではなく、
故障の箇所から考えられるランニングフォームのクセを、
ワンポイントアドバイスしています。


いくら痛みを取り除いても、
再発を繰り返して何度も治療しなければならないようでは意味がありません。

故障を再発しないランニングフォームというのは、
自身の身体への負担が少ないだけでなく、
より速く走れて、
なおかつ、見られても美しい姿になります。


大切な大会の日程は決まっています。

ですから、何度も継続して来院する必要のないように、
そして残された時間を有意義にトレーニングに活かしてほしいのです。



すでに既存の患者さまでご予約の枠は限られています。
一日当たり、数人しか空きはありません。


一日も早く、痛みを取り除いて本格的なトレーニングを再開されたい方は、
いますぐお電話を。


TEL:078 - 934 - 0189





| トラックバック(0)


スポーツと食についての相談を受けました。

一般的(なはず)だけど、実は意外に知られていないことのようなので、
ここにも記しておきます。

スポーツ選手、アスリートのコンディショニングにとって、
本番でピークの力を発揮するためには、やはり食とのかかわりが出てきます。

その代表的なものに、

カーボローディングといって、炭水化物を積極的に摂りこむことがあります。

クロスカントリー、マラソン、トライアスロン、あとは自転車のロードレースなどの
エンデューロ(耐久)系競技のアスリートがとくに大会前に行うものです。

試合時間が長いテニスやバレーボール、あとボクシングなどでも同じで、
試合直前はおにぎりという人も多いですね。


このカーボローディング、一時期流行ったスタイルは、
試合の1週間前になると、エネルギー源となる等質・炭水化物を控えて、
パワーの源であるタンパク質をせっせと摂るというものでした。
そして、体内の糖質を徹底的に枯渇させておいて、
試合の2日前くらいからは一気に炭水化物・糖質を摂る。

これで体内にエネルギー源の糖質が通常以上に体内に蓄えられると考えられたんですね。


ところが、このスタイルは最近ではほとんど行われなくなっています。
疲労が残りやすく、また肉離れなどの故障が続いたからなのです。

なので、「古典的スタイル」と呼ばれているようです。


最近の主流は、普通に食事をしておいて、
試合の数日前から炭水化物ばかりの食事にするというもの。
ごはん、麺、パンが主体となります。

その間のメニューの例としては「かやくごはん・うどんセット」みたいなものですね。
そして試合当日は、おにぎり、と。

「古典的」に対して「改良型」と呼ばれるのだとか。


でも、これって、本当に改良型?
むしろ、こちらのほうが古典に戻ったような気がします。

どちらが「古典」か「改良」か、ようわからん。


いっそ、「不自然派」から「自然派」に戻っただけとでも言えばいいものを。


ヒトという動物の特性、日本人の体質というものを考えたときに、
炭水化物を控えるなんてことは、不自然なわけです。

現に、それで故障者が続出して廃れていった方法なんですから。


肉食の欧米人でも、長いこと現役を続けているアスリートなどは、
「普段からパスタとサラダ。それ以外はほとんど食べない」って人が多いのです。


わたしたちは、「がんばって、精つけときや~」なんて言いますが、
その「精」は、「米」と「青物」と書きます。

つまり、米と野菜が元気を養うということですね。

先人の知恵に感謝します。

 


 

| トラックバック(0)