ブログトップ

ウェブページ

スポーツ鍼灸の最近のブログ記事


日本陸上競技連盟トレーナーセミナーに参加してきました。

会場は、東京・赤羽のナショナルトレーニングセンター。

環境に恵まれた立地に、
広大な敷地。
 

五輪代表クラスになると、
こういう場所で練習ができるわけね。
 

代表合宿なんてのも開催されているところです。
 

 
3日間で学ばせてもらったことがたくさんあるなかで、
気になったことがあります。
 

テーピングの講習のときのこと。
 


走高跳の踏切足は、どちらが多いでしょう?

右足?

左足?

左右の差はない(どちらも半々くらい)?

わからない?

 
正解は、

左足です。
 


助走で走ってくるときに、
体を左傾してくるので、
トラックでコーナーを走るときに姿勢が似ていることとか、

着地側になるのが右側になり、
利き手だからとか、

いくつかの理由があります。

 
まずね、この問題、参加者が挙手して答えるわけですが、

左足 に挙手した(正解した)のは、
わずかに数人だけでした。

 
すでに陸上競技のトレーナーとして活動している、
あるいは、これから活動しようとしている、
そういう人たちのなかですら、この正解率。

大丈夫かいな...
 
 
そんなガイダンスが続いた後に、
テーピングの実習。

足関節のテーピング固定。

 
テーピングの初心者、テーピング技術に自信のない人は、
別室に移動して、
基礎からの実習。

初心者チームに加わりました。

普段は、動きをサポートする緩いテーピングは多用するけれど、
グルグル巻きにして、ガチガチに固めてしまうテーピングは、
ほとんどしないから。
 
そもそも自信があったら、こんなとこ来るかいな...。

 
別室に集まったのは、わずか数人だけでした。
 
 
ちなみに、先ほどの走高跳の踏切足を知ってて、
ここにいるのは、僕とあと一人(たぶん)。
 

ってことはね、

ほとんどの人が、

基本動作とかは知らないけれど、

やり方だけは知っているってこと。
 
 
こういうのを、"わかったつもり"って言うんじゃないだろうか。
 
 
踏切足がどっちで、
どういう方向に足首が持っていかれたことで、
この捻挫が起こったのか、

そういうメカニズムを理解してないままに、
テーピングだけ施しているケースがあるんじゃないかと危惧する。


なにもこれは、陸上の走高跳に限ったことではなくて、
バレーボールやバスケでも起こるし、
普通におばちゃんが自転車の乗り降りするときでも、起こり得る。
 

 
捻挫?

はいはい、じゃ、テーピングで固定しておこうかね~、
みたいな。

 

怖いのは、
テーピングを巻いていく方向とか、
テンションの掛け方を間違ってると、
良くするどころか、余計に悪くしかねない。

そういうことが、
スポーツの現場でも起こってるんやね。

 
基本のメカニズムは理解してることはわかったので、
テーピングのやり方だけは、
帰ってきてから毎晩、自分の足で練習しています。

まだちょっとテープが捻れてる箇所があるから、
もっと練習しますー。
 

 
 
基本的なメカニズムを知ってて、
やり方に自信がない人、

基本的なメカニズムを知らないで、
やり方だけを知っている人、

あなたなら、どちらのサポートを受けたいですか?



| トラックバック(0)

平昌五輪が閉幕しました。

日本選手団は
金4、銀5、銅4の計13個のメダルを獲得、
過去最多を更新しました。

2020年の東京夏季五輪、
次回2022年の北京冬季五輪に向けて、
さらに期待できそうですね。

さて、今回の平昌五輪では、
他国のことでも話題がありました。

とくに違和感のあったのが、
OARではないでしょうか。

OARとは、
"Olympic Athletes from Russia" の略。

「ロシアからの五輪選手」という意味ですね。

日本代表の選手団のことを
チーム・ジャパン(Team Japan)と呼んでいたのとは対照的に、

ロシアからの選手は、国家を代表しての出場ではなく、
個人資格として出場していたということなのです。


ロシアでは競技選手のドーピングに国ぐるみで関わってきたことが
2014年に発覚、

世界アンチ・ドーピング機関(WADA)が独立委員会を設置して
調査を進めてきた結果。
疑念がぬぐいきれずに、
WADAから、IOC(国際オリンピック委員会)に呼びかけた結果、
このような制裁措置を平昌五輪ではとるかたちとなりました。


そもそもドーピングとは、
スポーツ競技などで薬物を使用したり、
保管しておいた自身の血液成分を競技前に輸血したりするなどの方法で、
不健全に運動能力の向上を図る行為、
それらを意図的に隠ぺいする行為。


ドーピングを禁止する理由としては、
大きくは以下の4つの点が挙げられるでしょう。

・健康を害する
筋肉増強剤や興奮剤などのクスリを使用するので、
いくつもの副作用が確認されています。
競技者の健康と安全を守ることができなくなってしまいます。

・フェアプレイ精神に反する
スポーツ競技とは、統一したルールのもとに公平に競い合うことが前提。
この公平性に反する行為にあたります。

・スポーツの価値を損なう
競技の厳しさ、楽しさを奪ってしまいます。
チーム競技であれば、お互いの信頼を失ってしまうことにもなります。

・社会への悪影響
ルール違反であり、反社会的行為です。
青少年にとっての憧れの存在が、そのような行為を行うことで、
ドーピングをよしとする風潮が蔓延してしまいかねません。


これまでにも様々な大会でドーピングがありましたが、
閉幕後に発覚し、メダリストが失格となり、
順位が繰り上がるようなこともありました。

そんな場合でも、
メダルの色が変わったことを喜ぶ選手はいませんでした。

むしろ、競技への信頼性が損なわれることを懸念する声が並びます。

一生懸命に取り組んできているからこその想いでしょう。


競技は、信頼のうえに成り立っているものです。

ドーピングに限ったことではありませんが、
バレなければやってもいいということは、なに一つありませんね。


| トラックバック(0)

スポーツ選手と関わっていると、
ドーピングに関しての質問を受けることもあります。

鍼灸治療とは直接的には関係ないことではあるのですが、
鍼療室でお伝えしていることなので、
ここでも何回かに分けてお伝えしておきますね。


ドーピングについては、
とくに、ジュニア世代の親御さんからは、

・なにをしたら違反になるのか

・違反したらどうなるのか

といった、質問をされるのですが、
それ以前に大事なこととして、

「自分の身は、自分で守れ」と伝えています。



とても残念なことではあるのですが、
年始の報道でショッキングなことがありました。

2017年のカヌー競技、日本スプリント選手権で、
日本代表候補の選手が、
ライバルの飲み物に禁止薬物であるステロイドを混入させ、
ドーピング検査で陽性反応が出るように工作したというのです。
 

スポーツ庁長官の鈴木大地氏は

「事実だとすれば大変遺憾なこと。
日本のスポーツ史上、聞いたことがない例で、がっかりしている」

とのコメントを発表されていましたね。
 

スポーツ選手としては、
自分の身は自分で守る、という意識をもつことがなによりも大切。
 

試合会場に行けば、周囲にいるのはライバル。
自分を守れるのは自分しかいないということを認識しておく必要があります。
 

自分の身を守る術のひとつに、
口にする飲み物のことが挙げられます。

・どんなものであっても混入してしまう可能性は否定できないということ。

・カヌー競技で実際に起こってしまったこと。

・自分の身を守るためには、未開封のものを確認し、
 自分で開封する習慣をつけていくこと。

以上の3点は、忘れてはならないポイントになるでしょう。



元陸上選手でオリンピックにも3度出場した
為末大さんは、

「ペットボトルの飲み物は1回自分の手から離れると飲みませんでした。
常に新しいものを開けて、1度飲んだものは大半が残っていても口にしなかった」

と言われていました。


世界陸上なんかで、インタビューの際に
"カチッ"という、ペットボトルの開封音をマイクが拾っていることがありますね。

あれは、未開封のボトルを自分が開封したというサインです。

 

さて、ドーピング検査で陽性反応が出てしまうと、処分は免れません。

意義を申し立てても、
2つある検体の両方に陽性と出てしまえば、
反論の余地なしとみなされてしまいます。


今回のカヌー競技の例では、
混入させた側の選手が、良心の呵責に耐えかねて告白し、
すべてが明るみになりましたが、
沈黙を貫いていたらと考えるとゾッとします。
 

ちなみに、今回の混入させた選手は、
8年間の資格停止処分を受けることとなりました。
 

停止期間中は、
試合に出られないというだけではありません。

所属するチームとともに活動ができないので、
練習場を使用することもできないし、
プレイはしないコーチ的な立場でチームに関わることもできません。
 

今回のケースでは、
被害者となった選手が、一時的にとはいえ、
そのような状況に身を置かざるを得ませんでした。


ドーピングの基礎知識として、なによりも大切なこと。
 

それは、自分の身は自分で守るということです。
 

日頃から、未開封のペットボトルを開けるときの手の感覚を大事にし、

実際には、もしも違和感を覚えれば、
口をつけないという習慣を身につけておくことです。




| トラックバック(0)