ブログトップ

ウェブページ

スポーツ鍼灸の最近のブログ記事


風邪やインフルエンザの心配な季節になってきました。

風邪で治療に来られる人も増えつつあります。


多くの場合は、風邪への鍼治療をさせてもらって
市販の「葛根湯」や「麻黄湯」などを飲んで、
あとはゆっくり家で休むように伝えます。

ところが、スポーツ選手が相手の場合には
そうでもありません。

実は、ドーピングに引っかかる可能性があるからなのです。


市販の風邪薬でドーピング違反? 
現実としてこれまでに何度か報告されてきた事案なのです。


咳・鼻水・発熱など、いわゆる「風邪」の症状で
市販の「総合感冒薬」を服用する人はおられるでしょう。


こうした「風邪薬」の中にはドーピング規定での禁止物質、
「興奮薬」に分類されるエフェドリン類が含まれるものが存在します。

エフェドリン類は、
中枢神経系を刺激することで集中力や敏捷性を高めたり、
血流を増加させることで競技能力の向上を図ったりできるなどの効果を生む可能性があるとして、
ドーピングの禁止物質となっているのです。

なので、スポーツ選手として、上を目指すのであれば、
注意が必要です。


こうした本人の意図しない「うっかりドーピング」を防ぐためには、
禁止物質について知識が必要です。


総合感冒薬は、
風邪の主症状に効果があるように何種類もの薬物が含まれますが、
成分は必ず表示されていますから
きちんとチェックすることができます。


イメージ的には自然由来で
身体への効果も穏やかだと思われがちな漢方薬。

ことドーピングの観点からは
安易に使用できるものではありません。

代表的なものとして
「麻黄(マオウ)」にはエフェドリン類の成分が含まれていて、
また自然由来ゆえに含有量が一定でないため、
競技中の服用は禁止されているのです。


生薬としての「麻黄」は、
発汗・鎮咳・鎮痛・抗炎症作用が期待され、
多くの漢方薬に配合されています。

頭痛・悪寒・発熱・咳・喘息などの症状から、
初期のインフルエンザや、
気管支炎・気管支喘息の発作期などに用いられる
「麻黄湯」。

風邪の初期の寒気から、
肩こり・頭痛、鼻水、鼻詰まりなどの症状や
神経痛、血行障害などに用いられる
「葛根湯」。

気管支喘息、鼻炎、気管支炎などに用いられる
「小青竜湯」。


これらの漢方薬は
競技会前の服用は避けるに越したことはないでしょう。


市民マラソンのような一般的なスポーツの大会では
こうした厳しい規定はありません。

例えば市民ランナーが「葛根湯」を、
体を温める効果があるからと
寒い日の競技で体温の低下を心配して用いることもあると聞いたことがあります。

しかしながら、日本陸上競技連盟(JAAF)公認のレースでは御法度。

もし仮に日本新記録が出たとしても
ドーピング検査で陽性反応と出れば記録も成績も取り消されるだけでなく、
選手として資格停止処分を受けることになってしまいます。


ドーピング違反とされている物質ですが、
必ずしも、身体に有害なものというわけではなく、
むしろ、摂取した選手にとって有利に働くから。

勝負ごととしてフェアではなくなるから、
というのが大きな理由のようです。



さて、トップレベルを目指す選手には、
練習日誌をつけるよう伝えています。

練習(試合)内容、その日の体調、
口にしたもの(クスリ・サプリメント、食事・おやつ)を記録していく。

冒頭のような市販薬のケースでも、
こうした記録と薬の購入履歴が残っていれば、
「うっかり」であると認められ、
数カ月の資格停止期間に低減されるかも知れません。


いずれにしても日頃からきちんとした食生活をして、
風邪をひかないコンディショニングを心掛けておきたいものです。

| トラックバック(0)

思い遣り。
漢字で「遣る」とは、
思いを相手の心に遣わすことなのだとか。

自分の発する言葉や行動が、
自分のもとを離れてから相手に届くための心の使者のようですね。


治療者という立場からの本当の思い遣りとは、
病気やケガを
さっさと治してしまわないことではないか。
そう、考えてしまうことがあります。


不思議なもので、
学生さんのスポーツ疾患は続くときには、続きます。

4月には、陸上部ばかり。

しかも、短距離ばかりが続いた。


5月に入り、

野球、バスケと挟んで、

先週からは
バレーボール部が続きました。

かと思いきや、
また陸上部がチラホラと...。


競技、種目、ポジションはバラバラ、

そして、学校も地域も別々なところから。


そこで共通点を探ってみると、

神戸、加古川、姫路...、
明石市外からの来院というのが共通点になる。


近所の病院・治療院に何週間も通ったけど、
一向に良くならなかった経験をしてきている。
どこにいっても治らなかったという共通点もある。


試合が近づいてきて、
なんとかしないと、ってなって、
いろんな人に聞いてまわった挙句、
ここにやってくる。


そして、ほぼ確実に、
試合には間に合わせてきてる。


初回で痛みのすべてがなくなるわけではないけれど、
試合当日には間に合うようになっています。



痛みがなくなれば、
すぐにでも動きたい。
これが本心でしょう。

だからといって、
完治しないまま、
あるいは、原因を取り除けていないままで
また同じ動きをすると、
繰り返してしまいます。


たとえばスポーツ選手にはケガはつきもので、
誤解を恐れずに言えば、
ケガをするのは早ければ早いほどいい。

もちろん、できるならばケガしないに越したことはないのですが、
もしも避けようのないものがあるとすれば
早期に乗り越えるほうが良いということです。


ケガを治療するなかで、
痛みがまだ少し残っているくらいのときに
一度は突き放して動いてもらうことが必要な場合もあります。


痛みの出にくい動き方というのを、
自分で模索してみてもらうことが、
結果としては早道だから。


ケガをしない動きというのは、
実は強い動きであり、
リラックスしていて、
見ていても美しい動きでもあります。

痛みのない動きを見つけ出し、
身につけていくことができれば、
自然とフォームの修正ができている。


そうするとケガをする前よりも強くなっていることになり、
ひいては選手生命をも延ばすことにつながるのです。


せっかく強くなるチャンスがあるのに、
さっさと治してしまってはもったいない。


痛める → 動けなくなる → 休まざるを得なくなる 
→ 治療する → 痛みが引く → 動き始める
→ 再発する → 動けなくなる

この繰り返しになってはいけない。


相手によってはそう考えてしまうこともあるのです。


「怪我の功名」とは、
過ちと思われたようなことが
良い結果をもたらすことを言いますが、
これはなにもケガに限ったことではありません。


病気であっても、
病気になったことがきっかけで
家族と対話することができた、
働き方を考えられた、
自分を見つめなおすことができたと、
「病気になって良かった」
と言われる人もいらっしゃいます。


どんなことでも、
きちんと向き合うことが大切なことで、
そこからどうするかを問われることがあるのです。


大切なのは、自分で考えること。


ケガや病気を治すのは自分自身でしかありません。


誰かの言う"基準"や、
他の人のもたらしてくれた"正解"に自分を合わせるのではなく、
自分の人生の"解"は自分で導き出すしかありません。


お手当てなどは、自分と向き合うための最高の時間とも言えます。


感謝の心とは

「自分にふりかかってくるものすべてが自分の無知や偏見や心の狭さ、
排他性によるものであること、
またそのことに気づかせてくれる目に見えぬ師であることを自覚することから始まります」

と、『魔法のメガネ』(桜沢如一・著)でも述べられています。


偶然に見える必然を大事にする。


何事に対しても感謝する。


そうありたいものですね。


| トラックバック(0)

日本陸上競技連盟トレーナーセミナーに参加してきました。

会場は、東京・赤羽のナショナルトレーニングセンター。

環境に恵まれた立地に、
広大な敷地。
 

五輪代表クラスになると、
こういう場所で練習ができるわけね。
 

代表合宿なんてのも開催されているところです。
 

 
3日間で学ばせてもらったことがたくさんあるなかで、
気になったことがあります。
 

テーピングの講習のときのこと。
 


走高跳の踏切足は、どちらが多いでしょう?

右足?

左足?

左右の差はない(どちらも半々くらい)?

わからない?

 
正解は、

左足です。
 


助走で走ってくるときに、
体を左傾してくるので、
トラックでコーナーを走るときに姿勢が似ていることとか、

着地側になるのが右側になり、
利き手だからとか、

いくつかの理由があります。

 
まずね、この問題、参加者が挙手して答えるわけですが、

左足 に挙手した(正解した)のは、
わずかに数人だけでした。

 
すでに陸上競技のトレーナーとして活動している、
あるいは、これから活動しようとしている、
そういう人たちのなかですら、この正解率。

大丈夫かいな...
 
 
そんなガイダンスが続いた後に、
テーピングの実習。

足関節のテーピング固定。

 
テーピングの初心者、テーピング技術に自信のない人は、
別室に移動して、
基礎からの実習。

初心者チームに加わりました。

普段は、動きをサポートする緩いテーピングは多用するけれど、
グルグル巻きにして、ガチガチに固めてしまうテーピングは、
ほとんどしないから。
 
そもそも自信があったら、こんなとこ来るかいな...。

 
別室に集まったのは、わずか数人だけでした。
 
 
ちなみに、先ほどの走高跳の踏切足を知ってて、
ここにいるのは、僕とあと一人(たぶん)。
 

ってことはね、

ほとんどの人が、

基本動作とかは知らないけれど、

やり方だけは知っているってこと。
 
 
こういうのを、"わかったつもり"って言うんじゃないだろうか。
 
 
踏切足がどっちで、
どういう方向に足首が持っていかれたことで、
この捻挫が起こったのか、

そういうメカニズムを理解してないままに、
テーピングだけ施しているケースがあるんじゃないかと危惧する。


なにもこれは、陸上の走高跳に限ったことではなくて、
バレーボールやバスケでも起こるし、
普通におばちゃんが自転車の乗り降りするときでも、起こり得る。
 

 
捻挫?

はいはい、じゃ、テーピングで固定しておこうかね~、
みたいな。

 

怖いのは、
テーピングを巻いていく方向とか、
テンションの掛け方を間違ってると、
良くするどころか、余計に悪くしかねない。

そういうことが、
スポーツの現場でも起こってるんやね。

 
基本のメカニズムは理解してることはわかったので、
テーピングのやり方だけは、
帰ってきてから毎晩、自分の足で練習しています。

まだちょっとテープが捻れてる箇所があるから、
もっと練習しますー。
 

 
 
基本的なメカニズムを知ってて、
やり方に自信がない人、

基本的なメカニズムを知らないで、
やり方だけを知っている人、

あなたなら、どちらのサポートを受けたいですか?



| トラックバック(0)