ブログトップ

ウェブページ

タオ・マクロビオティックの最近のブログ記事

最近、街中で走る人の姿を見ることが多くなりました。

健康のために運動の習慣が広まるのはとても良いことですね。


東京や大阪といった都市部でも
規模の大きなマラソン大会が開催されるようになり、

フルマラソン42.195kmをゴールするための制限時間が
6-7時間と比較的緩やかな設定ということもあって、

市民ランナーと呼ばれる人たちにとっては挑戦しやすくなったようです。


これらの大会ではフルマラソンの完走率が90%を超える好結果を残しています。


それでもフルマラソンに挑戦するからには、
日頃から節制しトレーニングを積んでおく必要があります。

実際に何人ものランナーのコンディショニングのお手伝いをさせてもらっていますが、
本当に感心するほど普段から皆さん走っておられます。



さて、歴史を遡ってみますと、
日本人の走力について面白い記述があります。


明治時代の初期に来日したドイツ人医師のベルツが、
東京から日光まで人力車で行ったときのエピソード。


距離にして約110kmを、
14時間半で行ってしまったといいます。


フルマラソンの距離に単純換算すれば
だいたい5時間半ほどのペースで、
その3倍近い距離を走っている。

しかも人力車を引きながら、
たった一人で、
ほぼ休むことなく走り続けたというのは驚異的なことです。


驚いたベルツが、車夫に食事の内容を尋ねました。

「玄米おにぎりに、切干大根、梅干・沢庵」
という質素なもの。


西洋の感覚からするとかなりの粗食と感じたのでしょう。


この後、ベルツは車夫を雇い、
自分の栄養知識から
豪華な肉食を与えながら走らせる実験をしてみました。

なんと、その車夫は、3日後には走れなくなってしまいます。

そして、元の食事に戻してほしいと申し出られ、
素食に戻してみたらまた走れるようになったというのです。

日本人には日本食が合うことを確信した、と、
ベルツの日記は結ばれています。

 
江戸時代は、鎖国によって自給率は100%。

にもかかわらず当時の日本人口は3,000万人。

その世界人口の6%に相当します。


現在の日本は世界の2%弱の人口で
自給率が50%を切っていることを考えれば、
日本の温暖な気候が作物の生育に適していること、
当時の食糧の生産技術が高かったことがうかがえます。

 
戦後70年間で日本の食は急速な変化を遂げました。


「米を食うとバカになる」と言われ、
パン給食の始まりとともに、

「タンパク質が足りない」
「カルシウムが不足」
と、肉・卵・牛乳・乳製品といった動物性食品が増えました。


1960年代をピークに米の消費量は減少、
その後は減反による米の生産調整が始まり、
米離れが一層進みました。

ちょうどその頃に生まれた世代が40歳から50歳代の働き盛りを迎えたいま、
メタボリック症候群に悩み糖質制限でさらに米食から離れていく。


どうやら、戦後の70年間の2倍、
140年前の明治初期にまで遡らないことには
ことの本質は見えてこないようです。


日本人の走力のルーツである米食の大切さに想いを馳せてみませんか。



| トラックバック(0)

これまでに、ご来院・治療を受けていただいたことのある方は
おわかりだと思いますが、
"脈診"をとても重視しています。
 

脈診とは、
患者さんの手首の橈骨動脈に触れることで、
拍動の強さや速さ、リズムなどを把握することで、
身体の状態を診察する方法のこと。

健康状態であったり、
疾病の進行度合いなどを、
脈に触れてみて、
その拍動の強さや早さ、
脈に触れた感じの硬さや太さ、
脈の位置の浮き沈みなどから把握しようとします。
 
 

人に出逢ったときに、
まずはその人の表情を見ますよね。
 

それと同じように、
脈の"表情"を診ているのです。
 

治療に入る前の脈診はもちろんですが、

治療・施術の最中にも、
ひっきりなしと言っていいくらいに、
手首の脈に触れさせていただいています。
 
 

これは、刻一刻と変化していく
お身体の状態を把握するため。
 

例えば、想像してみてください。
 

テレビドラマなどでの手術のシーン。

心拍数から呼吸から、
身体の状態をいち早く知らせるように
ありとあらゆる装置につながれています。
 

治療室にはそんな大そうな装置はありませんから、
治療の適否に関しては、

「痛い」とか

「気分悪くなってきた」とか

「心地いい」とか

患者さんの発する言葉に頼らざるを得ません。
 


それを、治療者の側から把握することが
脈診ということです。
 

脈診なしでの治療では、
患者さんの状態を把握できないので、
こちらがとても不安になります。
 
 

そんなわけで、
遠方から来院されていて、継続治療が困難な場合、
または遠方へ引っ越される場合など、
地元で治療院を探される場合には、
きちんと脈診をしてくれる治療院を探して、と、
お伝えするのです。
 

逆には、
以前に通っていた治療院の先生からそのように言われて、
これまで何年もかけて探してきて、
やっと脈診をしてくれるところに出逢えた、
と、喜んでくださる方もいらっしゃいます。


そんな脈診、

治療院選びのヒントにしてみてください。


| トラックバック(0)

病を治すために、
あるいは、健康になるために、
どんなことをしなければならないでしょうか?

健康でいるために、
私たちは、なにをしなければならないでしょうか?


さて、いかがでしょう?


本当は、

なにもしなくていい。



何もしなくていいというと、
大げさに聞こえるかも知れませんね。


古代ギリシアの医者であるヒポクラテス。

医聖とも医学の父とも呼ばれます。

そのヒポクラテスの遺した言葉に、
こんなものがあります。


「私たちの内にある自然治癒力こそ、
 真に病を治すものである。」

「人間は誰でも体の中に百人の名医を持っている。」


誰にも自然治癒力が備わっている。

病を治すのは、その自然治癒力。


極端なことを言えば、
ほっといても、
治るときが来たら、治る。


そう考えれば、
なにかしなきゃ...、って考えることは、
自分の持つ自然治癒力に対して、
失礼な態度ということにもなる。

自分で自分を信じれないって、
こういうこともあるのかも知れませんね。


ただし、いまの生活のなかに歪みがあるとすると、
そうはいかないかも。

だとしたら、
そこはまず取り除かないとね。


では、そのために、
なにが必要かということになるわけですが。


自然治癒力、って言うくらいですから、

自然体でいることかな。


自然体でいることは、
健康体でいるための必要条件。


だからまずは、
不自然なことをやめてみることですね。



最後に、ヒポクラテスの言葉をもう一つ。


「医師が病を治すのではなく、
 身体が病を治す。」




医療者は、あまりしゃしゃり出ずに、
患者さんの身体を信じてあげることですね。


 
| トラックバック(0)