ホリスティック医療の最近のブログ記事


9月28日(土)、日本小児はり学会学術大会が大阪であり、

「小児アトピー治療における自宅でのケアについて」という題で症例発表をさせていただいてきました。


DSC_6509.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像


これまでに多くのアトピー性皮膚炎やアレルギーをお持ちのお子さんの治療をさせていただいてきました。

そのなかでは、効果の早い子と、そうでない子がどうしても出てきてしまいます。

では、その差はどこからくるのか?
治療家としては、それをずっと考えてきました。

今回の症例発表にあたっては、
自分が携わってきた小児患者(患児)さんに想いを馳せながら、
今年の1月から6月までの半年間に「湿疹」を主訴として来院された12歳以下の患児をデータ化してみました。

特徴的であったのは、
ステロイドを使っている(使っていた)患児ほど、治癒する率が低かった、ということでした。


おおまかには、
・ステロイドを使い続けて改善が見られなかった患児
・ステロイドを使ったことがない患児
・ステロイドを止めて、はり治療を頼ってこられた患児
・ステロイドを続けながら、はり治療にも通っている患児
の順番で、治癒から改善が見られていったのです。

まず、使い続けて改善が見られなかったというのは、
ステロイドではまったく改善せず、どんどん強いクスリへと移行し、
最終的には、皮膚科医・小児科医から、
「子どもには、これ以上強いクスリは出せない」と言われ、
いわば、匙を投げられた状態。

この子たちが、最も治癒率が高かったのは、
行き場を失ったお母さん方が本当に熱心に自宅でもケアしてくれたからだと思います。
数ヶ月間、毎週毎週連れて来るだけでも大変やのに、
自宅でもケアし続けてくれたお母さま方には頭が下がります。


次に、ステロイドを使ったことがないというのは、
お母さま方が、すでに自然育児系のこととを学ばれた経験のある人が大半なので、治癒率が高いのは予想通りだったと言えます。

それでも、世間ではステロイドが常識とされてますから、
周囲や親戚から批判されたりとか、
乳幼児健診の際に
「治る治療法が存在するのに、それをしないのは親として虐待にあたる」
などと脅された人もいたりして、
本当に、誰にも言えないような辛い思いをされたお母さまもいらっしゃいました。


そして何よりも正直驚いたのは、ステロイドとの併用では治りにくかったということです。
半年間で改善が見られたのは40%に過ぎませんでした。
お子さんの酷い湿疹と痒みの姿を見ていると、とりあえず抑えてからじっくり鍼治療をと考えたこともあるのですが、
結局はそれでは治癒しにくいという結果が出ました。

もちろん、一治療院だけでのデータに過ぎません。
なので、これが絶対に正しいと言うつもりはありません。

ただ、こういうこともあるよ、と参考になれば幸いです。


学会という公の場で発表したデータであるので、
ここでも載せることにしました。


また、学術大会において基調講演をしてくださった小児科の先生から、
「ステロイドを使えば使うほど治りにくくなる」ことについてご賛同いただきました。

現実に、脱ステロイドに真剣に取り組み結果を出しておられる小児科のお医者さんがいらっしゃることに、こちらとしても勇気をいただいた一日でした。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。



| トラックバック(0)

 

人の運命を占うときに「手相」を見ますね。
この「手相」は変わるということ聞かれたことがあるでしょう。

また、「最近、元気そうになったね」というようなときは、
無意識のうちに、その人の「人相」が変わってきたことを見ているということになります。

このように「相」というのは変わるものです。


具体的にはその人の、心・精神状態や、体・健康状態が表れているのですから、
変化していくのは当然のことともいえます。

変化とは、変わって化けると書くように、
状態が変わったことということが、見てわかるように姿・かたちを変えているということです。


さて、この「相」ですが、
「手相」「人相」のように、外から見てわかるものの他に、
内側から見てもわかるようになっています。

わたしたちの内臓である、胃や腸にも「相」があるらしいのです。

 

これを「胃相・腸相」といいます。


「胃相・腸相」とは、米国アルバート・アインシュタイン医科大学教授の医師・新谷弘実先生が、
内視鏡を使って、30万人以上もの胃腸を診察・治療してこられるうちに気づかれたといいます。

新谷先生は著書『健康の結論』のなかで、
日本人の大腸の腸相がアメリカ人の腸相に似てきたことを嘆いておられます。
原因は、肉・乳製品を摂るようになったからに他なりません。
食生活の変化が腸相に反映されているのです。
腸相が悪くなれば、大腸ポリープや大腸ガンが増えます。
胃相・腸相は、数ヶ月から1年くらいでは、その人の食べた物・飲んだ物で変化するということです。


経験的に、そう述べられています。

 

「相」とは、過去から現在に至るまでの状態を表しているもの。
それを診断に用いるのは、古今東西、同じこと。

そして、病気の原因には食事をはじめとした生活習慣によるものが大きいことも、
古今東西、同じことを言っています。


古くからの伝統医療でも、
現代の最先端医療でも、
食養生を学び実践することは、予防医学そのものなのです。


 

| トラックバック(0)


日々、鍼療にあたっていて、糖尿病や高血圧など生活習慣病のクスリを長期的に服用しておられる患者さんが多いことに今更ながら驚いています。

クスリを真っ向から否定するつもりはありません。
必要な場合に、必要な期間、必要な量を飲むことに関して、それは有効な治療の手段となることでしょう。


ただ、これらの生活習慣病については、いかがなものでしょう。

生活習慣病とは、文字通り、日常の良くない生活習慣の積み重ねによって引き起こされる病気のことを言います。
原因がはっきりと生活習慣にあると分かっているのですから、そこの改めるべきところを改めることが根本治療になります。

そういう意味では、本来は、糖尿病(生活習慣の影響である2型糖尿病)や高血圧(原因の分からない本態性高血圧)などは、まずは食事をはじめとした生活習慣を見直し、あらためていくべきでしょう。
それでも改善の見られない場合に、並行してクスリを用いることもあるかも知れません。
そういうものでしょう。

もちろん、例えば、高血圧で頭痛や吐き気、ふらふらするなどの明らかな自覚症状のあるものは、クスリがすぐに必要でしょう。


ただし、対症療法的にクスリのチカラで数値をコントロールしても、治ったことにはなりません。

それはクスリが「効いて」いるだけであって、「治って」いることではないのです。

だからといって、いきなり「クスリを止めなさい」と言うつもりはありません。


野菜を多く食べるようにして、肉食を控え、砂糖を避けていったり、洋食から和食にしていくなど、食事の工夫をしていったり、
定期的に運動をするようにしたり、
モノの考え方を前向きに捉えるようにしていくことが根本治療になります。

そして、これらの根本治療に真面目に取り組んでいくことができれば、やがてクスリは必要なくなるものです。


「効く」けれども「治らない」クスリを、安易な気持ちで服用し始めて、年単位の長期にわたって飲み続けることは、自己の持つ自然治癒力を損なうだけでなく、ますますクスリへの依存を強くするだけです。
こうしたクスリの副作用は、すべてのクスリにもれなくついてくるものです。

だから、「クスリ」は逆さまから読むと、「リスク」となるのです。
使い方によっては危険ですらあるということですね。


くどいようですが、クスリを止めようと言っているのではありません。
止めるかどうかの判断は、そのクスリを処方した主治医がすることですから。

決して自己判断で突然止めるようなことはしないでください。

ただ、根本治療に取り組む人が増えてくれればと願うのです。


ちなみに「副作用が少なそうだから」と漢方の処方を受けたり、鍼灸の治療を受けてもらったとしても、
生活習慣病に関しては、ご本人が根本治療に取り組むべきということに変わりはありません。

もちろん、治療の手段によって、
効く度合い、治る度合い、副作用の度合いは異なるのでしょうが。

あくまでも病気や症状というのは「結果」であって、「原因」が変わらない限りは、
遅かれ早かれ同じ「結果」が導き出されます。


一人でも多くの人が、一日も早く、このことに気づいて欲しいと思います。

そして、本当の意味での健康で元気な人が増えていくことを願うばかりです。

 

| トラックバック(0)