2013年8月アーカイブ

処暑
(8/23 - 9/6)


暦では「処暑」。
暑さも終わり、という時季に入ります。

 

まだまだ昼間は暑い日が続くでしょうが、
朝夕には涼しさを感じられるようになってきます。

「今年はお盆を過ぎても一向に涼しくならない」と感じていても、
この時季からは、きちんと涼しさを肌で感じるようになってきます。

 

厳しい暑さが続いたせいで、体はのぼせ気味。
そこへきての急な大雨などにより足元が冷えると、上半身と下半身のバランスが崩れてしまうので、ギックリ腰などには注意が必要ですね。

上半身だけ汗をかいていると感じたら、その前兆。
フルーツや夏野菜は控えていくようにしましょう。

 

どんなに暑いと思っていても、
秋が来れば涼しくなるものです。

 

自然は間違えないのです。

季節の巡りに、感謝。

 

| トラックバック(0)

立秋
(8/7 ~ 8/22)

蝉の鳴き声が真っ盛りではありますが、
暦の上では、秋を迎えました。

季節のあいさつは「残暑お見舞い」に変わります。


まだまだ暑さのピークの時季。
秋どころか、残暑というのさえ戸惑いを感じますね。

夏バテを感じたり、体に疲労の溜まってきている人もいるかも知れません。

ポイントは、適度な水分と塩分。

どちらも、摂り過ぎても良くないし、
また、制限し過ぎても良くないもの。

無理をしない。
ほどほどが大切ですね。


また、この時期の頭痛は、のぼせもあるので、
足湯などで下半身を温めて、ゆっくりとするといいでしょう。


いまは「暑いのは嫌」と思っていても、
数ヶ月もすれば、その暑さが懐かしくなるもの。


季節を楽しむ。

穏やかな気持ちで残暑を過ごしましょう。

 

| トラックバック(0)