自然治癒力の最近のブログ記事


「先の予定を考えて、いま風邪をひいてしまうと困るから」
と、市販の風邪薬を予防のために飲んでいるという方がおられました。

毎年のように年末になると風邪をひき、長引くのだそうです。


クスリは特定の症状を一定期間だけ抑えることはできるかもしれないけれど、
本当の意味で治すことにはならないし、
ましてや予防など不可能。

それで、風邪をひいたときには素直にあきらめて休むことが一番。

そもそもクスリに頼って予防しようなどと考えている時点で、
風邪を迎えにいくようなもので、
受身の姿勢になっているのかもしれないですよ。

そんな話をさせていただきました。


インフルエンザの予防接種なんかも同じですね。
意識してるというのは、そっち向いてますから。
身体も、心も。


さて季節柄、風邪の症状で来院される患者さんが増えてきます。

事前に「一度は熱が上がるかも知れないよ」と、
お断りをし、納得された場合のみ治療をさせていただいています。

すでに熱があるのであれば、
電話をもらった段階で「そのまま外出を控えて寝ておくように」
とだけ伝えて無駄な治療はせず終わることもあります。

発熱が、キーですね。


発熱とは【体が自らを治そうとして起きる反応】です。

東洋医学の考えでは風邪を【治す】治療をするというより、
体の反応が起きやすく促していくことで、
発熱していく経過を経て【治る】と考えるのです。


医聖・ヒポクラテスの言葉に、
「患者に発熱するチャンスを与えよ。そうすれば、どんな病気でも治してみせる」
とあります。

古代ギリシャの時代より
「病気を治すためには発熱する」のが自然の治癒力と考えられてきました。


風邪をひかないことを目指すより、
むしろ年に一度くらいは風邪をひくくらいでいいのかもしれません。

ただし、一日もしくは半日くらいの短時間で「経過」していくことが大切で、
そのためにはきちんと発熱すること。

多くの場合、クスリを飲んでも、長引くだけ。
それは、熱を出し切れないから。

安易に熱を下げてしまうのは「もったいない」ともいえるのです。

クスリ飲んで治ってる人なんて、見ないもの。
当たり前か...。

クスリ飲んでも治らない人としかご縁がないわけだから。



「バカは風邪ひかない」と言われますが、
本当のところはあれこれ考えて余計なことをしないからではないかと思われます。

寒いと感じれば、見た目を気にせず温かい格好をする。

しんどいと思えば、休む。

食欲がなければ、食べない。

熱があれば、寝る。

体の声を聞いていれば当たり前のこと。
なにも深く考える必要はありません。


そこでクスリで症状を抑えようとしたり、
変に無理をするから治らずに長引いてしまうのでしょう。


「治す」のではなく「治る」。


風邪に限らず何においても、
もう少し自然治癒の力を信じていたいものです。


| トラックバック(0)


自然であるということは、とても大切です。


私たちには「自然治癒力」という自然の力が備わっていて、常に身体を守ろうと働いてくれています。

東洋医学は、この自然治癒力を最大限に発揮させるために身体に働きかけるのです。


例えば、初期の風邪症状で来院された場合は治療後に、
「今晩から熱が上がるかも知れないから、外出は控えてね」と伝えて終わることもあります。

熱を出すことは自然な現象であって、体にとってはその必要があることだから。


寒いところに行けば、体は震えることで運動し熱を産み出そうとします。

菌やウィルスなど体にとって有害なものが入れば、出そうとする力が働きます。
その結果、下痢をしたり、嘔吐したりという症状が出てくるのです。


このように現れてくる症状には、体を調整しようとする働きがある場合も多いのです。

そこで症状を止めてしまうことは不自然なのです。


以前こんなことがありました。

ずっとクスリを使ってきたけど良くならない。
ならば東洋医学の出番かもということで来院されました。

何回か継続して治療をしてきましたが、なかなか改善が見られません。

あるとき、とても忙しくて病院にクスリをもらいに行けなくてクスリが切れてしまったそうです。

でもその週の土曜日に鍼灸を受けには来られました。

すると、なんと週明けにはまったく症状がなくなったのです。

それから数回は鍼灸だけ続け、症状が出てこないことを確認し、「卒業」していかれました。

以後も症状は出ていないそうです。


もしかすると、鍼灸治療で身体に自然になるように働きかけていたことと、
クスリで抑え込もうとして不自然に働きかけていたこととが、
お互いに打ち消しあっていたのかも知れません。

本当のことはわかりません。

だけど、同様の患者さんはこれまでに何人もいらっしゃいます。


アトピーとステロイドでもあったし、
(ちょっと辛かったかもですが...)

頭痛と鎮痛剤ロ○○ニンでもあったし、
(それって飲んでも痛みは止まってなかったってこと?)

便秘と便秘薬でもあったし、
(こんなところでも反作用ってあるのかと驚きでした)

腰痛と湿布薬でもあったし、
(だから「温めて」って言ったのに...)

これらはすべて事実です。

 

自然は間違えることはありません。

植物は季節に合わせて成長します。

秋になったら葉をたたみ、
春になれば芽を出して、
夏には花を咲かせます。


私たちの身体の自然治癒力も間違えません。

出てきた症状を解釈する、私たちの判断が間違えるのかも知れません。

 

 

 

| トラックバック(0)


今日から、「土用」の入りです。


土用といえば、「夏の土用」の丑の日にウナギを食べることがよく知られていますが、
実は季節ごとの区切りに存在します。

立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれの前の18日間を「土用」といって、
次の季節の準備に入る期間なのです。


今日からの冬の土用を過ぎてから、2月4日の立春を迎え、
気候が暖かくなってくるのを待ちます。

なので、ちょうど今が一年中で最も寒い時期となるのですね。


この時季の過ごし方は、なんといっても冷え対策。


冷え対策としては、次の4つの柱を考えるといいでしょう。


・体の内側から温める。

体を冷やすものを避けて、温める作用のあるものを摂るようにします。
冬の旬といえば、ごぼう・大根・人参・れんこん・自然薯などの根菜類。
根っこのものは、冬の寒さから逃れるために地中へと伸びていきますので、
体を温める作用があるのです。


・体から発熱する。

室内でのストレッチや軽い体操、ときには外に出てウォーキングするなど、
緩やかな動きで少しずつ体を温めていきます。
この季節は、激しい運動をして汗をかくと、
余計に体を冷やすこともあるので注意しましょう。


・温かさを保温する。

現在の体温、また運動でせっかく温まった体をきちんと保温しましょう。
マフラーやレッグウォーマー、手袋など、「首」と名がつくところは特に守ってあげるといいでしょう。


・不足を加熱して足す。

なかなか体が温かくならないときには、カイロを貼ったり、自分でできるお灸などをして、物理的な力で体に熱を入れるといいですね。

 

これらの対策ができていないときに、
風邪をひいたりして熱が出るようになっているのです。

自然治癒力の力は凄いですね。

誰の体にも備わっている自然治癒力。
いわば、ほっといても「治る」自然の力があるのです。


自然の力の恩恵に与るための一歩は、
自然と調和して生活することです。


冬の土用のうちに、しっかりと体をケアし、リセットして、
春の活動シーズンを迎えましょう。

 

| トラックバック(0)