ブログトップ

ウェブページ

暦の話の最近のブログ記事


2018年が明けました。


今年の干支は、戊戌(つちのえいぬ)。

東洋医学の五行論では、
戊は「土」の性質を、戌もまた「土」の性質を持つものと考えられます。

土とは自然界では、万物を育てるもの。


戊と戌の二つの「土」が重なる今年は、
あらゆるものを育てつつも次の時代への変わり目となる重要な年となりそうです。

場合によっては、
これまで追いかけてきたものを見直すことで
新たなものが見えてくる。

そんな準備の一年とも言えそうです。


日本の社会全体から見てみますと、
来年2019年にはラグビーワールドカップが
アジアでは初めて日本で開催されます。

2020年は東京オリンピック・パラリンピック。

2021年には生涯スポーツの世界大会であるワールドマスターズゲームズが開催されます。


3年連続してスポーツの世界大会が開催されることは極めて稀といえるでしょう。

2018年は、まさにそうした準備の一年と考えられます。


2020年東京オリンピック招致のキーワードは
「おもてなし」でした。

おもてなしとは、心のこもった接遇のこと。

もう少し深い意味を考えてみますと、
おもてなしとは表がないこと。

表がなければ裏もないということで、
正直にあるがままでいることという意味になります。

人からは見えないところも手を抜かないくらいの姿勢でいることが大事で、
なにか特別なことをするわけではない。


むしろそういう「ありのまま」の姿勢を試されるくらいの心構えでいたいものです。


今年一年も、どうぞ一日一日を大切に。



なお、新年は1月5日(金)から、
通常通りに鍼療いたします。



| トラックバック(0)

年始に神社仏閣から授かる「御守り」。
 
仏教の本来の教えでは、
御守りとは御本尊様(仏様)の分身を
一定期間お預かりさせていただく行為なのだとか。
 
つまり御守りに守ってもらうのではなく、
あなたが御守りを守る立場ということになり、
御守りを大切にするのは当然のことになります。
 
御守りを入れているカバンを丁寧に扱うようになる。

やがてはすべての物や事を大事にするようになり、
雑にすることがなくなっていくでしょう。

 
自分で自分自身を大切に御守りしていくことになるのです。

 

今年もどうぞ一日一日を大切に。
 
 
ご健康とご多幸をお祈り申し上げます

 
平成29年丁酉 元旦 


| トラックバック(0)

 

暦の上では春に入ります。

実質的には最も寒い季節ですね。
寒さも底となって、この後は暖かくなりますよ、ということです。


東洋医学では、春は「発散」の季節。

発散・拡散していくことなので、
「出る」「上昇する」ということが特徴です。

春の訪れとともに、草木は芽を出し、
地中で溜めていたエネルギーを土を破って外へと出てきます。


私たちの身体も自然の影響を受けているので、
体の中に溜まったものを出そうと働きだします。


この季節に湿疹などが出てくるのは、
いわば体の中に良くないものが溜まっているサインとして受け留めることが大切です。

いわば、自然のチカラを借りた「デトックス」作用なのです。


根本的な原因は、食べ過ぎや運動不足、ストレスなど、
必要以上のものを溜め込んできたことの結果。


安易にクスリに頼るのではなく
まずは、そういったことを振り返ってみる必要があるのです。


出ているのではなく、出してくれている。

そう考えてみるといいかも知れません。


四季を「春夏秋冬」というように、
季節の巡りは春から始まります。

新年のスタートを、
いい意味で仕切り直してみるのもいいでしょう。


| トラックバック(0)