ブログトップ

ウェブページ

圭鍼灸院ブログ


秋が深まってくると、
小学校や幼稚園などの課外授業では
芋掘りをしますね。

サツマイモは掘る楽しみがあり収穫しやすく、
また焼き芋など、比較的簡単に調理しやすいので
重宝されるみたいです。


サツマイモを食べるとオナラが出やすいからと、
女性からは避けられてしまう傾向にあるのですが、
便秘解消には効果のある、女性の味方です。

お肉を食べた後のような臭いを伴うガスと違って、
サツマイモのオナラは腸内環境の状態がよいことを表しているのだとか。


サツマイモには食物繊維が豊富ですし、
輪切りにしたときに出てくる白い乳液状の成分・ヤラピンには、
胃の粘膜を保護し、腸の蠕動運動を促進して
便をやわらかくする緩下作用があるのです。


ちなみに食物繊維は腸内細菌のエサとなるものなので、
以前にもお伝えしたぬか漬けをはじめ、
伝統製法でつくられた味噌・醤油・納豆などの発酵食品から、
乳酸菌を合わせて摂るようにしていくと腸内環境が整っていきます。


また、サツマイモは栄養成分としては
カルシウムがイモ類のなかでは断トツに多いうえ、
ビタミンCも豊富です。

さらにサツマイモデンプンの作用によって
加熱調理してもビタミンCが壊れにくいのも特徴。

これらのカルシウムやビタミンCはとくに皮の部分に多く、
また皮には紫色の色素成分であるアントシアニンやポリフェノールといった
アンチエイジングのための成分も含まれるので、
焼き芋のときなどはできれば皮ごと食べるといいでしょう。


60℃以上でゆっくり長時間加熱することで
デンプンを糖化する酵素が働いて甘みが増します。

石焼き芋はこの特徴を最大限活かしているといえますし、
ほかにスイートポテトや大学イモのようにお菓子に加工されやすいのにも理由があるようです。


食養生的な陰陽論から言えば、
陰性とは拡散性・遠心性の作用があること。

サツマイモは根菜類で体を温めると思われがちなのですが、
地中から地表へと上向きの力が働くことや、
オナラは腸内でガスを膨らませた結果であることなどから考えても、
陰性で体を冷やす作用があることを知っておくといいでしょう。

ひとつのことがきっかけにつながりが見つかることを芋づる式といいますが、
サツマイモひとつからでも芋づる式に知ることがありそうですね。


| トラックバック(0)


夏野菜の定番、キュウリ。

漢字で書く「胡瓜」は、
「胡」がインドの方からシルクロードを渡ってきたものを、
「瓜」はウリ科作物を指すのだそうです。

旬の新鮮なキュウリって、
塩をかけただけで美味いですね。



季節外れにハウス栽培されたものに比べると、
旬のキュウリではビタミンCが3倍も多いということがわかっています。


夏の作物だけに、
強烈な日射しの下で育つ方が生命力に溢れるようです。


旬の野菜は出回っているので
手に入りやすく価格も下がるうえに、
美味しくて栄養価も高いのですから、
旬を逃す手はありません。



キュウリはそのまま生で食べても美味しいですが、
さらに良いのはぬか漬けにすること。


ぬか床に使うのは、米糠。
実はビタミンB群の宝庫とも呼ばれるほど。

ぬかの水溶性ビタミンBが漬けこまれた野菜にも浸透します。


もともとビタミンCが含まれるキュウリに
B群が揃うことで栄養価が高まり
疲労回復効果が期待できます。


また、ぬか漬けでは、
夏場は発汗で失われた塩分を適度に補えることにもなります。


さらに、発酵によって乳酸菌や酵素が合成されていて、
腸内環境を整えるのにも一役買います。


ぬか漬けにしていただくことで一石三鳥となるのです。


ぬかは「糠」、
「米」から健「康」をいただくことを意味します。


できれば、ぬか漬けはご自宅で。




| トラックバック(0)

あっつー

朝もまだ8時前やというのに、
地面からの照り返しがまぶしい。


ふぅーーー


「なんや?」


うわっ、ビックリした~

喋る犬、伝次郎。


毎度のことながら突然現れはりますな。


「どないしたんや?」


え?


「朝から溜め息ついてるさかい」


あぁ、あのね、こないだから多いんですよ。
夏風邪を訴えてる人が。

季節外れもええとこやなぁ、と思いまして。


「季節外れ? なんでや??」


いや、風邪って、冬のもんですやん。
冷たい風に当たって邪が入るから、風邪いうのに。


「自分、なかなかよう知ってんな」

これくらい、誰でも知ってるでしょ。


「ほんで、なんで季節外れなんや??」

エアコンですかね。


「エア、コ、こん、ディ、ひっ、ふぃっくショんなー」


無理からやな・・・。


で、クシャミなんかして、風邪ひきはりましたんか?

「さっきまで、そこで風に当たってたんや」


どこで?

「そこに、老健施設できてるやん。」

老犬だけに?


「ローケン、言うな!」

自分が言いましたやん。


「そこのエアコンの室外機の風な、気持ちええねん」

それって、もろ、風邪ですやん。


「たいしたことない。すぐに治るわい」


そうですか?

「当たり前やないか。ちょっと走って汗かいたらええ」


そうですよね~。
動いて、汗かいたほうが、早いこと治りますよね~。

「なにを、当たり前なこと言うてんねん」


いやぁ、夏風邪は長いからなー、とか、
言う人、結構いてはりますねん。


「なんでか、わかるか?」


なんで長いことかかるか、ですか?

そりゃ、しんどいー、言うて、
エアコンの効いた寒い部屋で寝てるからですかね。


「相変わらず冴えてんな、自分」

そう考えると、納得いきますやん。


「そや、根本は、単純な足し算と引き算みたいなもんや。
 小学生でもわかる。」


ですよね~。

「ほな、なんでや? なんで、治らん?」


思い込み、ですかね・・・。


「思い込み??」


うん、病人やから、安静にしとかんと、みたいな。


「ますます冴えてるやないか。
 その通りとちがうか」


そうですよね。
ちょっとくらい動いて、汗かいたほうがええんですよね。


「そや! ほな、ワシもそうするわ~」



そう言って、走り去っていった。


心なしか、走っていく後ろ姿が、軽快な気がする。


接地時間が短いような・・・。




いや、気のせいだな。


きっと地面が暑くて、足裏が熱いからだろう。


| トラックバック(0)