ブログトップ

ウェブページ

圭鍼灸院ブログ


あっつー

朝もまだ8時前やというのに、
地面からの照り返しがまぶしい。


ふぅーーー


「なんや?」


うわっ、ビックリした~

喋る犬、伝次郎。


毎度のことながら突然現れはりますな。


「どないしたんや?」


え?


「朝から溜め息ついてるさかい」


あぁ、あのね、こないだから多いんですよ。
夏風邪を訴えてる人が。

季節外れもええとこやなぁ、と思いまして。


「季節外れ? なんでや??」


いや、風邪って、冬のもんですやん。
冷たい風に当たって邪が入るから、風邪いうのに。


「自分、なかなかよう知ってんな」

これくらい、誰でも知ってるでしょ。


「ほんで、なんで季節外れなんや??」

エアコンですかね。


「エア、コ、こん、ディ、ひっ、ふぃっくショんなー」


無理からやな・・・。


で、クシャミなんかして、風邪ひきはりましたんか?

「さっきまで、そこで風に当たってたんや」


どこで?

「そこに、老健施設できてるやん。」

老犬だけに?


「ローケン、言うな!」

自分が言いましたやん。


「そこのエアコンの室外機の風な、気持ちええねん」

それって、もろ、風邪ですやん。


「たいしたことない。すぐに治るわい」


そうですか?

「当たり前やないか。ちょっと走って汗かいたらええ」


そうですよね~。
動いて、汗かいたほうが、早いこと治りますよね~。

「なにを、当たり前なこと言うてんねん」


いやぁ、夏風邪は長いからなー、とか、
言う人、結構いてはりますねん。


「なんでか、わかるか?」


なんで長いことかかるか、ですか?

そりゃ、しんどいー、言うて、
エアコンの効いた寒い部屋で寝てるからですかね。


「相変わらず冴えてんな、自分」

そう考えると、納得いきますやん。


「そや、根本は、単純な足し算と引き算みたいなもんや。
 小学生でもわかる。」


ですよね~。

「ほな、なんでや? なんで、治らん?」


思い込み、ですかね・・・。


「思い込み??」


うん、病人やから、安静にしとかんと、みたいな。


「ますます冴えてるやないか。
 その通りとちがうか」


そうですよね。
ちょっとくらい動いて、汗かいたほうがええんですよね。


「そや! ほな、ワシもそうするわ~」



そう言って、走り去っていった。


心なしか、走っていく後ろ姿が、軽快な気がする。


接地時間が短いような・・・。




いや、気のせいだな。


きっと地面が暑くて、足裏が熱いからだろう。


| トラックバック(0)

夏も本番、
ビールの美味しい季節になりました。

外食の機会が増えるという人もいらっしゃるでしょう。


「陰陽の調和」といいますが、
どんなときでも
バランスを整えることを心がけておくことは大切。


陽性なものといえば
動物性のお肉のように
火にかけると硬くなるもの。

そんな陽性が過ぎると、
硬めたり、滞らせる働きがあるので、

これらを摂り過ぎると、
血栓や結石ができやすくなったり、
血管が硬くなって動脈硬化や
高血圧などになりやすくなったりすることは知られています。


こういったものをいただくときには、
香りが強くアクがあり
酵素を含む陰性なものを
薬味としてつけあわせることで
バランスをとって中和しやすくなるのです。


香りが強く
強壮作用の強い野菜の代表格は、
「五葷(ごくん)」と呼ばれる五つ。

ニラ・ニンニク・ラッキョウ・アサツキ・ネギのこと。



「葷酒山門に入るを許さず」と
酒とともにこれらの五つの野菜は
禅寺の山門内に持ち込むことを禁じられてたそうです。


なかでも、ニラは「陽起草」といわれて、
ときには一日に3センチも伸びるほど、
生長力と生命力が強いのです。

いわゆる「精」の強いものですね。


ニラは、漢方では「活血化瘀(かっけつかお)」といって、

瘀血を浄化して、
汚れた血液をサラサラにきれいにし、
血液循環をよくする働きがあるとされてきました。


現代の栄養学では、
ニラの独特の香味成分アリシンに
血栓を予防改善する効果があることがわかっています。


ギョーザ、ニラレバ炒めなど、
お肉との相性が良いわけです。


ニラは、歴史的に見ると、

『古事記』には「加美良(カミラ)」、

『万葉集』には「久々美良(ククミラ)」

の名で記載があり、
古くから栽培されていたようです。


古来、ラッキョウのことをオオミラ、
ニラをコミラと呼んでいて、
ラッキョウとは関係が深いようです。


ニラの葉は生薬では
「韮白(きゅうはく)」といって
強精、強壮作用に、

ニラの種子は「韮子(きゅうし)」といって
腎の衰えからくる腰痛、頻尿、泌尿器系疾患などに用いられます。


食材としてニラを食べることで、
疲労回復、虚弱体質の改善、
貧血、生理不順、生理痛などに効能があるとされてきたのです。


また、ニラには、
ほかにも特筆すべきものとして整腸作用があります。

古くから胃腸に効く野菜として親しまれ、
きざんで味噌汁に入れることで下痢気味の改善がみられたり、

下痢の症状が重いときには
ニラの煮汁を飲んでも著効があるのです。


日頃から常食しておけば、
腸内有用菌の繁殖を助けて腸内環境を整えるので、
代謝機能、免疫機能を高めて風邪の予防にもなるでしょう。


夏バテ予防に「精をつける」と言いますが、
「精」とは「米」に「青」と書きます。

穀物菜食が食事の基本にあってのことですね。


| トラックバック(0)

これまでに、ご来院・治療を受けていただいたことのある方は
おわかりだと思いますが、
"脈診"をとても重視しています。
 

脈診とは、
患者さんの手首の橈骨動脈に触れることで、
拍動の強さや速さ、リズムなどを把握することで、
身体の状態を診察する方法のこと。

健康状態であったり、
疾病の進行度合いなどを、
脈に触れてみて、
その拍動の強さや早さ、
脈に触れた感じの硬さや太さ、
脈の位置の浮き沈みなどから把握しようとします。
 
 

人に出逢ったときに、
まずはその人の表情を見ますよね。
 

それと同じように、
脈の"表情"を診ているのです。
 

治療に入る前の脈診はもちろんですが、

治療・施術の最中にも、
ひっきりなしと言っていいくらいに、
手首の脈に触れさせていただいています。
 
 

これは、刻一刻と変化していく
お身体の状態を把握するため。
 

例えば、想像してみてください。
 

テレビドラマなどでの手術のシーン。

心拍数から呼吸から、
身体の状態をいち早く知らせるように
ありとあらゆる装置につながれています。
 

治療室にはそんな大そうな装置はありませんから、
治療の適否に関しては、

「痛い」とか

「気分悪くなってきた」とか

「心地いい」とか

患者さんの発する言葉に頼らざるを得ません。
 


それを、治療者の側から把握することが
脈診ということです。
 

脈診なしでの治療では、
患者さんの状態を把握できないので、
こちらがとても不安になります。
 
 

そんなわけで、
遠方から来院されていて、継続治療が困難な場合、
または遠方へ引っ越される場合など、
地元で治療院を探される場合には、
きちんと脈診をしてくれる治療院を探して、と、
お伝えするのです。
 

逆には、
以前に通っていた治療院の先生からそのように言われて、
これまで何年もかけて探してきて、
やっと脈診をしてくれるところに出逢えた、
と、喜んでくださる方もいらっしゃいます。


そんな脈診、

治療院選びのヒントにしてみてください。


| トラックバック(0)