ブログトップ

ウェブページ

東洋医学の最近のブログ記事


これまでに、ご来院・治療を受けていただいたことのある方は
おわかりだと思いますが、
"脈診"をとても重視しています。
 

脈診とは、
患者さんの手首の橈骨動脈に触れることで、
拍動の強さや速さ、リズムなどを把握することで、
身体の状態を診察する方法のこと。

健康状態であったり、
疾病の進行度合いなどを、
脈に触れてみて、
その拍動の強さや早さ、
脈に触れた感じの硬さや太さ、
脈の位置の浮き沈みなどから把握しようとします。
 
 

人に出逢ったときに、
まずはその人の表情を見ますよね。
 

それと同じように、
脈の"表情"を診ているのです。
 

治療に入る前の脈診はもちろんですが、

治療・施術の最中にも、
ひっきりなしと言っていいくらいに、
手首の脈に触れさせていただいています。
 
 

これは、刻一刻と変化していく
お身体の状態を把握するため。
 

例えば、想像してみてください。
 

テレビドラマなどでの手術のシーン。

心拍数から呼吸から、
身体の状態をいち早く知らせるように
ありとあらゆる装置につながれています。
 

治療室にはそんな大そうな装置はありませんから、
治療の適否に関しては、

「痛い」とか

「気分悪くなってきた」とか

「心地いい」とか

患者さんの発する言葉に頼らざるを得ません。
 


それを、治療者の側から把握することが
脈診ということです。
 

脈診なしでの治療では、
患者さんの状態を把握できないので、
こちらがとても不安になります。
 
 

そんなわけで、
遠方から来院されていて、継続治療が困難な場合、
または遠方へ引っ越される場合など、
地元で治療院を探される場合には、
きちんと脈診をしてくれる治療院を探して、と、
お伝えするのです。
 

逆には、
以前に通っていた治療院の先生からそのように言われて、
これまで何年もかけて探してきて、
やっと脈診をしてくれるところに出逢えた、
と、喜んでくださる方もいらっしゃいます。


そんな脈診、

治療院選びのヒントにしてみてください。


| トラックバック(0)

今日は、病気の原因について考えてみます。

自然治癒力の低下・免疫機能の異常によるアレルギーや自己免疫疾患、
そして生活習慣病といわれる病気の数々...。


こうした病気の原因と考えられるものとしては、
偏った飲食、過度なストレス、疲労の蓄積、不規則な生活、などでしょうか...。

現代社会の象徴と呼べるような現象ですね。


ところで、

東洋医学の基本の古典書である、
『黄帝内経』の『素問』は、
このような問いかけで始まります。

「昔の人は百歳になっても元気やったらしいのに、
 いまの人たちは五十歳になるかならんかで、くたびれてしまっている。 
 一体、どういうことや」

「第一篇・上古天真論」の最初の文章です。
(ちなみに、僕なりの現代語訳ですが・・・)


しかし、「昔の人は百歳まで元気やったのに・・・」なんて、
二千年以上も前に言われていることに驚きです。


ときどき、古典書を読んでると、
「まさに『今』の時代のことを、何百年、何千年前にも言われてる」
というようなことを見付けて結構面白かったりします。


さて、先ほどの古典の文章。

昔の人は元気で、今の人が疲れている理由について。


実は、続きには、こう書かれています。

飲食の過不足のないようにする。
食べ過ぎは良くないから、注意しましょう。
食欲のないのも元気ではないから、気をつけましょう。
食欲のないときに無理をして食べるな、ということですね。

心身の過労をできるだけ避ける。
いわゆるストレスですね。
イライラしたり、悩んだりしないように。

補足しますと、東洋医学の考えでは感情については、
「内因」といって、怒・喜・思・憂・悲・恐・驚、の7つの感情を「七情」として、
病の原因となると考えられています。


飲酒しての房事はしない。
房事とは、セックスのことです。
酒に酔って房事をすると、陽気の損傷が烈しい、と戒めています。

自然の状態に調和した生活をする。
自然に調和するとは、いわゆる「天人合一」「天人相関」の考え。
外なる自然として、環境や季節。
内なる自然として、成長や老化の過程について。
これらの自然に合わせて、無理なく生活しましょうということです。


以上の養生法をきちんと守れば確実に百歳までは生きられますよ、
とされています。

どれもこれも、現代に通ずる考え方ですね。
長生きの人が心がけてるようなことばかり。


昔も今も、人の悩みとは似たようなものなんでしょうか。

何千年前にも「近頃の若い者は・・・」って、言われてたのかなぁ???
なんて考えると笑ってしまいます。


最後まで読んでいただいて、

ありがとうございます。

 

下の「鍼灸」ボタンにポチッと協力してくださると嬉しいです^^

 

 

| トラックバック(0)

 

体温には運動を、ということまでお話しました。

今回は、睡眠について考えてみます。

 

質の良い眠りが大切ですね。

部屋の灯りは消して(出来れば常夜灯も消して)真っ暗な方が、
目や脳は、ゆっくりと休めます。


それから、寝る時間も大切。

ポイントは、遅くとも午前0時。
例えば、1時に寝て7時半に起きる、6時間半の睡眠よりも
12時に寝て6時に起きる、6時間の睡眠の方が、
時間は短くとも睡眠の質は良くなります。
日付が変わると、体も変わります。
ですので、日付が変わってから眠ると浅い眠りになってしまいます。

東洋医学的には、全身を巡る血液と関係の深いのは「肝」の役割。
疏泄(そせつ)作用といって、血を貯えておき、巡らせます。
循環の実働は心臓が担っていますが、
イライラして「頭に血が上る」というようなときは、
心臓からではない血液の動きを意味していて、肝との関わりが大きいのです。

肝の氣が一日のうちで強くなる時間帯が、夜中の1時から3時。
なので、この時間帯に休んでいないと、
肝が弱り、血液が消耗してしまうのです。

また「肝」と親子関係にある、「胆」の氣が増すのがその前の2時間、
つまり午後11時から午前1時の間。

だから、遅くともこの時間には横になり、
1時までには深い眠りに入っていることで、
肝を休めることができて、血液の巡りを取り戻すことができるのです。

1時から3時というと、
「草木も眠る、丑三つ時」に当たります。

やたらと怖がる必要はなく、
また「迷信だ」と言って、まったく信じないということでもなく、
単純に、この時間帯に起きていると良くないようだと理解しておけば良いと思います。


それと、もうひとつ大事なことは、「空腹」で寝ること。
食事からすぐに寝ると、体は眠っているつもりでも、
消化のために内臓は動いていますから、完全な休息とは言えません。

当然、眠りも浅くなってしまいます。


夕食の時間が遅い、
寝る前に何かを口にしてしまう、...
これらも眠りを浅くしてしまう要因となるのです。

その結果、血液の循環が悪くなり、
寝起きが悪くなり、朝から頭痛がするなどの症状が起こりますので、
寝る前に食べることには十分に注意しましょう。


質の良い睡眠のために、
これらの生活習慣をまず見直してみませんか?

マットや枕を替えることよりも
大切なことかも知れませんね。


今日も最後まで読んでいただいて

ありがとうございます。

 

 

| トラックバック(0)